第22回参議院選挙にて3選挙区で大勝利!

 公明党は必勝の態勢で臨んだ3選挙区(東京・埼玉・大阪)は厳しい闘いではありましたが、議席を守ることができました。また、比例区については、残念ながら6議席にとどまり、2議席を減らす結果となってしまいました。

 これからも、公明党は皆さんの生活を守るため、必死になって闘う決意です。

 さて、今回は比例区の開票の立会をさせていただきました。事前の選管の説明では、票を読み取る機械を導入するので、いままでより早く開票作業が完了しますとのことでした。

 結果としては、比例区の開票が完全に終了したのは、午前6時前になり、過去の一番遅い記録を塗り替えることとなってしまいました。

 12日付の新聞では、1分間に660枚の票の処理が可能で、9台購入し、開票作業が早く終われば人件費を減らすことができるとのコメントが紹介さ れていました。また、13日付の新聞には、読み取り機を導入して約2時間も開票作業を短縮することができたとの記事もありました。

 この差はどこにあるのか、機会を導入して開票作業が余計に時間がかかったのでは導入の意味がありません。この件について総務委員会で報告をするように要請しておきました。

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
品川区 浅野浩之
h.asano@shinagawa-komei.org