Archive for 2007年 5月

区役所による新人議員研修が開催

 今回の区議選で当選した新人議員に対して研修が行われました。

 これから議員活動を実施するにあたって、心得ておかなければならないことについて説明を受けました。
 また、平成19年度当初予算の全体像と重点施策の概要について説明いただきました。基本的には家計の仕組みと変わらないとのことですが、一般会計と特別会計を合わせると2149億円にもなります。区民のために使われ行くことをしっかりと見届けて参ります。
 その他、会議に遅れる場合は連絡をすることと、欠席する場合は欠席届を出すこと、さらに登庁したときは表示板を点灯させて、5時前に退庁するときは消すようにとのことでした。

 まだまだ分からないことがこれからも出てくるかと思いますが、事務局にお世話になりながら職務を全うして参ります。

平成19年第1回品川区議会臨時会が開会

 1週間ほど前に臨時会の招集があり、本日、平成19年第1回品川区議会臨時会が品川区議会議場にて行われました。

 今回の本会議で、正副議長などの選任が行われました。議長には、伊藤昌宏(自民党)、副議長には、三上博志(公明党)が選任されました。

 議場にはいるのはこれが2回目で、1回目は昨年に傍聴したときに入っただけでした。今回は議員席に座ることとなり、そのときとはまた違った感覚でした。この議場で、今後の品川区の未来を決するような討議が行われると思うと、闘志が沸いて参りました。

区政報告会を開催【火災警報機の講習会を実施】

 本日、午後7時より荏原第二地域センター集会室にて区政報告会を開催させていただきました。

 始めに役員の挨拶のあと、荏原消防署旗の台出張所の方に来ていただいて、平成22年4月から既存の家屋にも義務づけられる火災警報機について紹介していただきました。煙感知式と熱感知式の2種類があることと、購入の目安として「日本消防検定協会」のマークがある機種を選ぶように進めていただきました。また、実際に煙を感知して警報機が鳴動する実演をしていただき、火災警報機の重要性を認識することができた講演でした。

 地域で頑張っている方の活動報告と挨拶のあと、私の方から以下の内容について話をさせていただきました。

・地域の安全対策実現状況(歩道の街路灯と駐輪場の段差解消)【写真】
・住宅用火災警報機の設置助成制度の進捗状況
・公明党の実績である「法テラス」の役割と利用方法の解説
・参議院議員選挙に向けた公明党のマニフェストの紹介。

 100名を超える皆さんにお集まりいただき、実りのある区政報告会を実施することができました。

区商連・区振連の通常総会懇親会に参加

 品川区商店街連合会・品川区商店街振興組合連合会の通常総会懇親会に参加しました。

 濱野品川区長の挨拶(写真)に続いて、来賓挨拶で伊藤興一都議会議員が都議の代表として挨拶しました。また、区議会議員は一人ずつ名前を呼ばれて一礼をする機会もいただきました。

 地元の商店街から参加された方もおられたので、和やかに歓談することができました。商店街の大きな課題として、次の世代に店舗を引き継ぐことができるかどうか、また、どのように活性化を図っていくかということも論議することができました。

 品川区は数多くの駅を中心として商店街が発達しており、買い物に便利でコミュニティも形成されています。活気ある商店街は地元の活性化の源であり、これからの品川区の発展に多大なる影響力を持っています。商店街の一角に居住している者として、今後の商店街の発展に貢献していきます。

「おどりの会」で日本の美を再認識

 第16回・地域有効の集い『おどりの会』が荏原文化センター大ホールで行われ、伊藤都議会議員とともに参加して、ご挨拶をさせていただきました。

 全部で35の演目に小さなお子さんも参加されて、とても和やかな雰囲気の中で踊りに真剣に取り組んでいる姿が随所にあふれていました。

 数演目しか拝見することができませんでしたが、日本の伝統美を改めて感じ取ることができました。

平成19年度水防演習に参加

 朝9時30分から、西大井広場公園で品川区の水防演習が行われました。

 家屋や地下駅に浸水したとして地域のボランティアの方々と東急電鉄の方々による浸水防止工法の実演、立会川が氾濫したことを想定して消防隊による積み土のう工法の披瀝、マンホールからの水の噴出を防止する工法、土砂崩れ現場からの救助活動など、実際に起こりうる被害を想定して多くの演習が実施されました。

 消防隊の方々が整列して規律に則り行動している姿に感銘すら覚えました。緊急時となると、とかく指揮系統が乱れて十分な活動ができなくなってしまいがちですが、このような演習を定期的に実施することにより、各人の役割を確認することにより、いざというときに力が発揮できるのだと感じます。

 災害はいつ起こるか分かりません。起きてしまってから対応するのでは手遅れとなってしまいます。どの地域で、どの様な被害が起きそうかということを十分に検討して、被害が発生しにくくすると共に、被害が発生したときに素早く対応できるようにしていくことは行政に求められる重要な役割です。区民の命を守るために、頑張らねばと決意をした水防演習でした。

統一地方選挙新人議員研修が開催

 公明党東京都本部で、新人議員の研修会が開催されました。

 特に印象深かったのは、2期目の先輩議員の活動報告でした。報告された方の並々ならぬ決意と活動に本当に驚かされました。頑張らねばという決意が沸々とわいてきました。党の方針と心構え、各種注意事項などがあり、今夏の参議院選挙は議員が先頭に立って頑張っていくという決意を固められた新人研修でした。

遠山清彦参議院議員が五反田で街頭演説

 本日の午後6時半から、五反田駅前にて遠山清彦参議院議員の街頭演説会が行われました。駅前には、遠山清彦参議院議員の演説を聴くために、多くの方々に駆けつけていただきました。

 遠山清彦参議院議員からは、今年になって初めて開催された党首討論会について言及し、今まで開催されなかった経緯についての指摘がありました。また、国民投票法案については、憲法改正の気運が高まるなかで、憲法改正のための手続き法を定めたのが本法案で、公明党は、国民の意見を最大限に尊重して、現在の憲法に追加をする加憲の立場であることを強調しました。そして、投票権は18才以上となることを紹介しました。

 続いて、雇用拡大の公明党の取り組みを紹介し、少子化の原因のひとつに若者の雇用が不安定であることを挙げ、公明党が推進したジョブカフェが全国95箇所に拡大して360万人に利用された実績を強調しました。今後は、フリーター、ニート、派遣社員、契約社員の正社員化を進めていくと力強く語りました。

 また、中高年や高齢者の再就職のため、年齢制限の撤廃を求め、来年から実現する運びとなったことを紹介しました。

 最後に、参議院議員選挙への決意を力強く語り、演説終了後は群衆に飛び込んで握手を交わしていました。

山口なつお参議院議員来る!【品川総支部時局講演会】

 本日、午後7時から大井町の「きゅりあん」で、品川総支部主催の時局講演会が開催されました。

 区議選で8名全員当選を果たし、山口なつお参議院議員が挨拶されることもあり、会場は満員となりました。

 今夏の参議院議員選挙候補が登場するビデオ上映に続き、伊藤興一総支部長の主催者挨拶、濱野健品川区長から挨拶をいただきました。

 政治学習会に続き、山口なつお参議院議員(東京選挙区予定候補)は、自身の実績と、ネットワーク政党である公明党の政策実現力を訴え、幼児から大人に至るまで福祉を充実させてきたことを強調しました。

 最後に、参議院議員選挙の決意を力強く語りました。

いよいよ初登庁!緊張の一瞬

 いよいよ初登庁の日を迎え、少し緊張気味に区役所に入りました。

 議員記章を付けていただき、その後に品川区の理事者との初顔合わせがありました。
議員の挨拶の順番は、「あいうえお」順であったため、一番最初の出番となりましたが、簡単に、「お早うございます。公明党の浅野浩之です。宜しくお願いします。」と言ったところ、後に続く方々も同じような挨拶でした。何しろ、40人による挨拶で、顔合わせに予定されている時間を考えると、この程度で良かったのかと思います。

 その後に、初当選者に対する事務説明会があり、どっさりと資料を渡されましたが、追々、目を通すことにします。

 緊張の一日でしたが、これから品川区民のために尽力することを誓う一日となりました。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
品川区 浅野浩之
h.asano@shinagawa-komei.org