延山小学校周辺地域

8. 西中延3-6の私道を整備

 西中延3-6北側の私道は砂利が敷き詰められていて、その上にコンクリートのブロックが置かれていました。私道沿いの区民から、転んで怪我をした方もいるとのことで、整備できないかとの声が寄せられました。
 相談を頂いてから1年3ヶ月かかりましたが、このほど整備工事が完了しました。

(私道整備前)

(私道整備後)

7. 自転車事故の多い交差点に交通安全看板を設置

 仲通りのけ道になっている道は、優先道路になっていない箇所があり、一方通行を逆送する自転車が停車せずに交差点に入り、交差する優先道路を通行する車や自転車と接触事故が発生しています。
 特に、自転車に交通安全の注意を促すことが必要であり、区に対策を要請して交通安瀬看板が設置されました。

6. 西中延2-4,5私道入口のスクールゾーン標示を修正

 平成24年6月7日に、延山小学校のPTAの方と通学路の安全点検を実施しました。危ないと思われる箇所を見て回り、特に仲通の車と自転車の通行量が多いのが気になりました。スクールゾーンについても気をつけて点検をしていたところ、進入禁止の時間帯が8:00~9:00(現在は7:30~8:30に変更)の古いままになっていました。
 道路課に、時間帯の修正を含めて対処をお願いし、6月中に舗装をやり直して時間帯についても修正されました。

(修正前)

(修正後)

5. 西中延3-8,9,11,14角の交差点の安全対策

 中延駅から中原街道に向かう道路は、交通量が少ないため、車もスピードを出しやすくなっています。中原街道近くの交差点は、特にスピードを出して走行する自動車が多く、交差点の安全対策が要望されていました。
 品川区が交通安全対策として実施している、キララ塗装、十字の交差点の印、交差点中央に夕方以降に点滅する交差点ブロックが設置されました。

4. 西中延3-14-20側溝の交換工事

 区道の多くは、両側にL字型をした側溝を設置して、雨水などを下水に導いています。道路の劣化に伴い、側溝が破損している場所も散見されます。歩いていてつまずいてケガをするケースもあるため、改善を進めています。
 この場所も段差が大きくなっており、事故を未然に防ぐため、交換工事を実施しました。

3. 西中延2-12-9側溝の交換工事を実施

 西中延2-12-5~9にかけての区道はかなりの年数を経ていて老朽化しており、区民の方からも側溝の凸凹が目立つ、水はけが悪くて水溜まりができてしまうなど、指摘されていました。
 品川区に改善の要望をした結果、本区間について路面改良工事が実施されました。

2. 西中延3-6角の交差点の安全対策

 中延駅から中原街道に向かう道路は、交通量が少ないため、車もスピードを出しやすくなっています。近くにスーパーマーケットもあり、人の通行も多いため、交差点の安全対策が要望されていました。
 品川区が交通安全対策として実施している、キララ塗装、十字の交差点の印、交差点中央に夕方以降に点滅する交差点ブロックが設置されました。

1. 西中延保育園付近の交通安全看板を改良

 西中延保育園・児童センター付近の電柱に、走行中の車に注意を促す看板が設置されていましたが、設置されてから年月を経ていたため、肝心の注意を促す赤色で書かれた文字が消えてしまっていました。
 この道路は車がスピードを出しやすい道路であり、子どもの安全対策のため品川区に看板の交換を要請し、写真の通りきれいな巻き看板に交換されました。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
品川区 浅野浩之
h.asano@shinagawa-komei.org