小山小学校周辺地域

19. 小山5-16私道の側溝を修繕

 私道に設置された側溝が老朽化して破損し、通行者にとっては危険な状況となっているとの連絡がありました。
 区の担当部署に対処を依頼し、この度、側溝のフタの部分が交換されました。

(修繕前)

(修繕後)

18. 私道の凸凹と側溝の破損を修繕

 抜け道になっている私道に、頻繁に大型車が通るため、道路が一部陥没し、側溝も破損していました。
 地域の方に、私道が危険な状態にあることを話し、区の担当部署に連絡を取り、私道の整備と側溝の修繕が完了しました。

(修繕前)

(私道整備後)

17. 電柱への交通安全巻き看板の設置

 年、3回ほど出会い頭の事故が発生する交差点の安全対策の相談を受けました。以前にも、「スピード落とせ」の巻き看板を設置しましたが、効果が見られないため、「止まれ」の表示がある道路に設置されました。
 交通標識を守って安全運転を心掛けてください。

 なお、後日、この道路と交差する道路に、道路が狭くなるように見える葉にして、自動車にスピードを落とさせる効果がある「狭窄」の表示が施されました。

(道路が狭くなるように見える手法が施された道路)

16. 交通安全立て看板の改善

 荏原区民センター付近の変則五叉路の交差点は立会道路側から来ると一方通行のため右折ができないが、進入禁止の交通標識が見づらいため、誤って進入する車が多い。交差点手前の看板の意味が不明であり、右折禁止の看板にしてはどうかとのご意見がありました。
 区に要請をしてから3年たって、やっとわかりやすい看板に交換されました。

15. 小山シルバーセンターの旧エアコンパッケージの改修

 エアコンの交換により、旧エアコンパッケージが空いたため、テーブル入れとして活用していましたが、パッケージ内は1段下がっていて、テーブルの出し入れが大変だとのご意見がありました。
 区にバリアフリー化の工事を要請し、利用者から出し入れが楽になったと好評です。

14. 小山シルバーセンターのエアコンを交換

 小山シルバーセンターの利用者から、旧型のエアコンが水漏れしていてバケツなどで受けているとの指摘がありました。
 区に確認をしたところ、耐用年数を過ぎているので交換するとの回答があり、最新型の天吊りタイプのエアコンが設置されました。

13. 小山4-4私道の鳥居の前の陥没と私道を整備

 近くに住んでいる方から、大型車両が頻繁に通ることもあり、私道が陥没したとの連絡がありました。
 状況を確認して担当部署に対策を依頼したところ、鳥居の前も一緒に整備することで進めたいとの話がありました。
 近所の方の尽力で了解を頂くことができ、きれいに整備されました。

 

12. 荏原5-12~13の区道に発生した陥没を整備

 区民の方から、道路に陥没(3箇所)が発生して自転車に乗っていた方が転倒したとの連絡が入りました。
 現場を確認したところ、路面がはぎ取られたような跡もあり、道路公園課に早急に対処を依頼し、すぐに対処してもらいました。

11. 荏原5-15 私道の突き当たりに防犯灯を設置

 私道の突き当たりは、以前は空き地だったため暗さは感じられませんでした。しかし、空き地に住宅建設が始まったことにより、夜間は暗がりとなってしまったため防犯灯の要望が地域から上がりました。
 担当部署の道路公園課と調整し、地域の住民の方の要望が実り、防犯灯が設置されました。

10. 小山シルバーセンター2階広間のエアコン水漏れ対策

 小山シルバーセンターを利用している方から、エアコンが水漏れを起こして、バケツやプラスチック容器で受けて捨てる作業に手間がかかっているとの指摘がありました。
 区に調査をお願いしたところ、35年以上前に設置されたエアコンとのことで、交換することになり、設置工事が完了しました。

9. 小山シルバーセンターの避難口付近の駐輪対策を実施

 小山シルバーセンターの避難口は、センター奥から門を出て私道に逃げるようになっています。
 センターを利用されている方から、門の前の私道に自転車がいつも駐輪されていて、いざという時に逃げられなくなるのでは、との指摘がありました。
 区に対処をお願いし、門の外側に「避難用出口です」の表示をすることとしました。その後、駐輪されることは無くなりました。

8. 小山5-7~12交差点を一時停止規制の安全対策を実施

 小山小学校付近の交差点で、赤色点滅式の一時停止となっていますが、地元の方から一時停止が守られていないとの指摘がありました。
 区役所の交通安全担当に改善を要請し、「止まれ」の標識と道路標示が施され、赤色点滅灯は廃止されました。

7. 事故が頻発する交差点の安全対策を実施

 小山5-4-3の交差点は目黒線の地下化によって見通しが良くなったこともあり、一時停止を無視して交差点に進入して、車同士の事故が多発していました。
 以前、事故を起こした車が家に飛び込んできたことがある地域の方から何とかならないかとの相談がありました。
 区役所に対策を要望したところ、交差点があることを運転者に知らせる効果のある対策を施すとの回答がありました。
 交差点の手前にゼブラ模様の路面標示と止まれの表示、さらに交差点内にキララ舗装と交差点ブロックが設置されました。

6. 立会道路の五差路の安全対策を実施

 立会道路の西小山駅寄りに、変則的な五差路の交差点があります。以前から無謀な運転が横行していたこともあり、立会道路が対面通行になると事故の発生も懸念されるとの指摘がありました。
 区役所に、事故防止の安全対策の実施を求め、区からは、停止線を表示し、コーナー部の安全対策等を施すとの回答がありました。
 対面通行の工事の完了に合わせて、立会道路に向かう側道には「止まれ」の路面標示が施され、コーナー部には安全ポールが設置されました。

5. 八幡通りの道路工事のミスを修理

 八幡通りの道路工事後に、雨が降った際に水溜まりができてしまい、道路の端を歩けないとの連絡がありました。
 雨が降った日に写真撮影をして、区役所に改善を求めました。
 区で確認をしたところ、本来は道路端に向けてなだらかな勾配を設定して、道路に水溜まりができないようにしなければならないが、その勾配が適切に設定されていなかったとのことでした。
 区は、施工業者に工事のやり直しを指示し、水溜まりは解消されました。

4. 荏原中央公園のブランコ下のマットを修繕

 荏原中央公園には、子どもたちが大好きなブランコが設置されています。孫を連れて遊びに来ていた方が、ブランコの下のマットに大きな裂け目ができているのを発見して通報していただきました。
 現場の写真を撮影して、区役所に修理を依頼しました。マットの修理が終わり、子どもたちも安全に遊べることができるようになりました。
 子どもたちが公園で安心して遊べるように、これからも監視を強化するように依頼しました。

3. 小山シルバーセンターのテーブルの脚を交換

 小山シルバーセンターを利用されている方から、備品のテーブルの脚の取り付けが緩んで使いづらいとの指摘がありました。
 区役所の担当部署に連絡を取り、早急に新しい脚を取り付けてもらいました。

2. 立会道路の歩道の凸凹対策と水溜まりの解消

 昭和医大から西小山駅に向かう桜並木の立会道路は、品川百景に選定されていて、レンガを敷設した情緒のある歩道が整備されています。
 地域の方から、「桜の根の成長により、歩道のレンガが凸凹になって歩きにくく、雨が降ると大きな水溜まりができて歩道を歩けない」との指摘をいただきました。
 区役所に、歩行者の安全のために、歩道の整備を申し入れ、区からは歩道は順次改修するとの回答がありました。
 雨で大きな水溜まりができてしまった写真と、改修されて浸透性が良くなった歩道の写真を掲載します。 

1. 交差点の前後に「スピード落とせ」の看板を設置

 荏原5-11・12と荏原6-4・5の交差点は、交通量が比較的少ないため、車はスピードを出やすくなっています。過去にも何回か、この交差点で出会い頭の衝突事故が発生して、角の家に車が飛び込むこともありました。
 地域の方から、「車にスピードを出させない対策はできないか」との相談を受け、区役所に対策を求めたところ、 区役所からは、スピードを落とさせるように、電柱に巻き看板を設置するとの回答がありました。
 写真のように巻き看板が設置され、少しでも運転者に注意を促すことができれば、交通事故も減らすことができます。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
品川区 浅野浩之
h.asano@shinagawa-komei.org