ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
浅口市 佐藤正人
masa_3_0822@ybb.ne.jp

 今月26日で、昨年12月の総選挙で第2次自公連立政権が再スタートして1年を迎えました。公明党はこの一年間、現場の小さな声み耳を傾け、国民の命を守る施策の実現をリードしてきました。まだ、記憶に新しいと思いますが、成年被後見の選挙制度回復に向けた取組みでは、被後見人の選挙権確認を求めた訴訟で、違憲判決を勝ち取った原告側の切実な声を受け止めて政府に控訴断念と法改正を強く要望しました。その結果、異例のスピードで法改正が実現。また、来年4月消費増税8%への引き上げに伴う負担軽減策として「子育て世帯臨時特例給付金」が創設され、子ども一人当たり1万円の一時金が支給。また、先の通常国会では廃案になった電力自由化を進める「改正電気事業法」や生活保護世帯を更に支援する「改正生活保護法」も成立を見ました。また、間もなく被災から3年を迎える東北の復興については、被災3県のがれき処理は89%まで進行し今年度末には完了する見込みです。そして、景気回復を示す雇用面での有効求人倍率も11月では1.00倍と6年ぶりに1倍台を回復しました。決められなかった政治から大きく転換したのがこの一年です!

 

〈道路の拡幅をしてほしい!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨夜の、同級生の忘年会で市民相談をいただいたんですが、『大谷の県道玉島黒崎金光線から寂光院に入る道路が狭くて車両を交わすのに非常に不便なのが現状。何とか拡げれないか?』との要望でした。確かに、私も以前から通るたびに不便さは実感していました。しかし、これは非常に難しい問題ではあります。・・・・・・・・また、いろいろと調べて返答したいと思います。

コメントは受付けていません。