ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
浅口市 佐藤正人
masa_3_0822@ybb.ne.jp

 決して大きく報道されている訳ではありませんが、年末のホッとなニュースに感動しました。今月12月2日に発生した中央高速自動車道笹子トンネルの崩落事故による通行止めが仮復旧したニュースです。事故発生以来、国と山梨県では出来るだけ早い復旧を目指して工事を進めていましたが、昨日(29日)に仮復旧したとの報道です。とは言っても、事故現場が全面復旧したのではなく、事故の無かった下り車線を対面通行にしての対応です。そのため、年末年始の帰省ラッシュと重なり大渋滞が予測されるとのこと。そこで太田国土交通大臣は、交通渋滞を避ける迂回路となっている中央自動車道富士吉田線の大月IC~河口湖ICまでの通行料金(20K、普通車750円)の無料化を決定しました。この対応には、山梨県およびマスコミなどから大変に評価を頂いているとのことです。

 この対応は、やはり庶民の生活に根差した公明党ならではの発想だと感嘆します。高速道路と言えば、先の民主党政権の公約だった「高速道路の無料化」を実現出来なかった事実。方や東日本大震災の対応で、ガソリン運搬のタンクローリーの通行を可能にし、被災者などの高速料金の無料化を推進した公明党の実績。やはり、大衆福祉の公明党ならではの実績だと痛感します。政治は何と言っても実行力・実現力が大事だと思います。

 ところで、今日は、朝から雨の中を玉島で一日活動しました。年末ではありますが、本年最後のあいさつ回りをさせていただきました。それにしても今日は朝からよく雨が降りました。わが愛車の故障など、突然のトラブルもあり何かと苦労した一日でした。夜は、大阪から愛媛に転勤になった長男が帰ってきて久しぶりに親子4人の夕食となりました。そうですね~、5月の連休以来でしょうか。このお正月は、家族4人がわが家で迎えられるようです。

コメントは受付けていません。