ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
浅口市 佐藤正人
masa_3_0822@ybb.ne.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  今日の午後からは、おかやま山陽高校において浅口市の公用車(ガソリン軽四車)をEV(電気)自動車に改造する実演会に参加させて頂きました。この行事は、以前から民生常任委員会や新聞でも報道があったものですが、地元の山陽高校の自動車科3年生の生徒が中心になって作業が行われました。実演の前には、東京大学総長室アドバイザーであり太陽光発電の研究家である村沢義久先生の講演会も行われました。先生は講演の中で『2050年頃には、世界の自動車のほとんどがEV車になる』とおっしゃっておられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 エンジン乗せ換え作業は、30分もかからないうちに完了です。EV車は、ガソリンエンジンに比べると構造が簡素な造りということです。しかし、自動車科の生徒の手際良さには、感心しました。素晴らしいのひと言。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  乗せ換え完了のあとは、校庭で試走運転です。栗山市長も出来栄えの見事さにはご満悦のようでした。私は、側で見ていたんですが、やはり電気自動車ですね。多少、モーター音が聞こえるくらいで非常に快適走行のようでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なお、講演会と乗せ換え実演会の間では、話題の第4回スイーツ甲子園優勝ケーキ「パリじゃネ」の試食もありました。優勝した生徒さん3名も紹介がありました。いただいた味は『最高に美味い!』のひと言でしたね。こんなケーキは、一生のうちでもそう味わえるものではないと実感しました。

 いや~。本当に画期的な素晴らしい内容でした。

 

コメントは受付けていません。