ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
浅口市 佐藤正人
masa_3_0822@ybb.ne.jp

 今日は、浅口市議会の3月定例会の最終日でした。初日に上程されていました、議案についての討論・採決が行われ、また委員会に付託された案件についての委員長報告も行われました。3月補正予算や24年度の一般・特別会計については、原案のとおりすべて可決されました。また、何件かあった条例改正案のうち、昨年の秋行われた市民事業仕分けの対象となった阿部山キャンプ場の廃止、寄島青佐のふれあい農園の区画縮小については、原案のとり可決されましたが、健康福祉センターのトレーニングルーム使用料で65歳以上と障害者の方からも100円徴収する件については、賛成少数で否決となりました。実をいいますと私も否決にしました。私も、市民の皆さんから色んな声をお聞きする中で、昨年の同センター内の風呂場の使用料を同じく市民事業仕分けによって100円を徴収する結果になったんですが、その後市民の皆さんからクレームが結構ついた経緯がありました。そのことを踏まえ、やはり今回は年間150万円程の経費ということですので、何とか別の方面で経費節減は出来ないものかという判断で否決しました。特に、このトレーニングルームについては、市民の健康増進を図る絶好の施設でもあると思います。高齢者や障害者の方の負担を軽減してあげたいとの思いからです。

 また、終了後は全員協議会が開催され、執行部から現在検討中の学校給食センターの整備についての報告がありました。市内の公立のすべての小・中学校、幼稚園の給食を提供するセンターの建設を検討したいとのことです。また、浅口市情報化検討委員会の答申内容についても報告がありました。委員からは、それぞれに活発な意見が出されました。特に学校給食については子どもたちの食の安全面から衛生管理には十分な対応が求められます。全員協議会終了後は、広報委員会も開かれ、3月定例議会だよりの編集の打ち合わせが行われました。いよいよ、また新しい年度が始まります。頑張りたいと思います。

コメントは受付けていません。