ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
浅口市 佐藤正人
masa_3_0822@ybb.ne.jp

北海道栗山町の議会改革を学ぶ!

今日は、午後3時より浅口市健康福祉センター2階研修室で、浅口市議会主催の議員研修会が行われました。(本番での写真を撮り損ねたんですが)。講師は、全国で初の議会基本条例を制定した時の議会事務局長をされていた中尾 修先生です。現在は早稲田大学マニフェスト研究所で元三重県知事の北川先生の下で客員研究員として、全国を駆け巡っておられます。演題は『全国に広がる地方議会改革ー議会基本条例から考えるー』です。今日の研修会には、浅口市の執行部をはじめ笠岡・井原・里庄・矢掛の周辺議員、執行部も参加され100人を有に超える参加者となりました。私も、この栗山町のことは、今まで議会改革の研鑚をする中で、少しは情報は聞いていましたが、内容的には非常に斬新で先進的な事例が多かったです。「今、議会に求められているのは、市長(執行部)と対峙する上で、本来は民意を汲み取るのは、議会の方が得意でないといけない。今後の地域主権というものは、いかに市民参加の市政運営が出来るか。そのための二元代表制としての合議体である。」 「住民の意向をより反映した条例や施策はどうあるべきか、政策立案能力が議員には、求められる」などのお話を頂きました。浅口市議会としてもより市民に開かれた議会としての進化が問われいると痛感しました。

コメントは受付けていません。