ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
浅口市 佐藤正人
masa_3_0822@ybb.ne.jp

「復興基本法案」の骨子を発表!

公明党は先日の19日に東日本大震災の復興に向けた基本理念や組織体制などを定める「復興基本法案」の骨子を発表しました。この復興基本法案は、政府や自民党も出していますが、わが公明党の案は、都市や産業、インフラなどの復旧・復興だけでなく被災者の「生存権」を最大限に尊重し、1人1人に焦点を当てた復興をめざすことを目的とした『人間の復興』を全面に打ち出しています。内容としては、復興に関する企画・立案・総合調整と実施を一元的に担う組織として「復興庁」を設置し、その司令役として復興担当大臣を任命します。そして、また復興への財源としては「復興債」を発行します。また、具体的な手法としては規制、税制、金融などの特例を設ける「復興特区」を創設するよう提案しています。復興への組織と財源と手法の3点セットです。特に、公明党が主張しているのは、基本計画はあくまでも地方自治体ごとにつくり、それを政府が支援するという考え方です。私も、痛感していますが、今回の大災害は東北各県・各自治体によって被害状況や今後のまちづくり再生計画も様々です。地元の状況を一番よく把握しているのも首長さんだと思います。これは、先日お聞きした地元の代議士も云っておられました。同感です。早く法案を議決し、実行してもらいたいものです!

コメントは受付けていません。