Twitter
外部リンク
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
荒尾市 俣川勝範
masanori.matagawa@estate.ocn.ne.jp

Archive for the ‘未分類’ Category

第35回ふれあいエポック・荒尾まつりに行きました。昭和58年に女性労働者の福祉と増進を目的に開館されました当会館は、今年で35周年を迎えます。昨今は男女共同参画推進を目的に掲げ、市民の要請に応えるべく努められています。9時30分より開会式が行われ、35周年を記念して「あらお太鼓」の演奏がありました。演技発表として、日舞、エアロビクス、ヨガ、体操、健康運動、カラオケなど。また、展示発表もあり、俳句、絵手紙、色鉛筆画、パッチワークなど。講座生の皆さんが1年間の成果を発表されましした。素晴らしい演技や展示でした。DSC_0021[1]DSC_0022[1]

きょうも、定点による街頭演説を荒尾市4カ所、玉名市1カ所を行いました。内容は昨年7月の九州北部豪雨による今後の災害対策について、国と自治体が力を合わせて取り組むことへの思いを話させていただきました。DSC_0018[1]

荒尾市立八幡小学校より案内をいただき、参加しました。青空のもと、~大会スローガン~「『勝っても負けても全力を尽くし、力を合わせ最後まで、笑顔でいられる大運動会』で、子どもたちの一生懸命の競技や演技をじっくりと観ました。1・2年生による花笠音頭や5・6年生の綱引き、更に徒走など全力で取り組んでいる姿に感動しました。私も来賓参加の「お世話になっています」と荒尾音頭に出させていただきました。6年生がリーダーシップを発揮し、どの演技も全力で取り組む姿DSC_0533[1]DSC_0537[1]DSC_0543[1]DSC_0544[1]に心を打たれました。DSC_0539[1]

雲一つない青空のもと、荒尾市立荒尾第四中学校体育大会が「『考動』~限界突破で輝け!~」のテーマのもと選手と応援団が一体となり、素晴らしい体育大会が開催されました。生徒の自分の限界突破への闘う魂は、目的に向かって困難を物ともせずに、自ら思い切ってまっしぐらに進んでゆく姿に感動しました。1年・2生は来年に向けて細かな努力を積み重ね負けない心で進んでください。3年生は最後の体育大会でした。3年間、感動をありがとうございました。応援団も素晴らしい感動をありがとうございました。感DSC_0507[1]DSC_0509[1]DSC_0510[1]DSC_0514[1]DSC_0517[1]動!! 感動!!でした。

街頭演説を荒尾市内4カ所、定点で行いました。内容は、中小企業の相続税の猶予割合が80%から100%に、後継者の負担ゼロ。大企業の賃上げ、一定基準の設備投資による法人税からの差し引き。農家の経営安定と収入減少を補う「収入保険制度」の創設。最後に防災減災対策について話をしました。
きょうは、風が強くてスタンドスピーカーが倒れそうでした。これからも全力で働いてまいります。

DSC_0495[1]

街頭演説を、荒尾市4カ所、玉名市1カ所の定点で行いました。その後、訪問・調査運動を行い、毎年、楽しみにしています荒尾市大島町の「おもやい市民花壇」のバラを見に行きました。約1900株のバラが赤・黄・白・ピンク・オレンジなど、色とりどりの花が満開でした。明日、13日午前10時から「ばら祭り」が開催され、苗の販売やステージでは歌や踊り・ダンスなど楽しく披露されます。お近くの方はおいで下さい。DSC_0475[1] DSC_0484[2] DSC_0478[1] DSC_0480[1] DSC_0483[1]

市民福祉常任委員会(委員長)と荒尾清掃施設組合(委員)で「ごみ」を「固形燃料」に変えて、発電に活かす「大牟田・荒尾RDFセンター」に視察に行きました。運転開始は平成14年12月から約15年半が過ぎています。処理能力は1日225t、RDF製造量は1日110tであります。大牟田市と荒尾市の人口、約169000人の「燃えるごみ」を「発電燃料(RDF)」にしています。
このRDF発電事業は、ごみを固形燃料化し、これを発電所で燃焼・発電して電力会社に売電を行うことで廃棄物をリサイクルするとともに、焼却灰の資源化を行い環境への負荷を削減しようとするものです。
「RDFセンターからのお願い」として、ごみを出されるときは、1、水切りをしっかりしてください。2、長物はなるべく80cm以内にしてください。3、ごみを出すときはもう一度確認をしてください。(鉄等が紛れ込まないように)とのことです。大牟田市・荒尾市にとって、必要不可欠な資源循環型まちづくりとして、私たちの大事な施設です。DSC_0472[1] DSC_0465[1]DSC_0468[1]

朝7時より、党員の皆さまのたんぽぽグループでは「辛亥革命」の孫文・滔天の功績をたたえ、毎月第1週の日曜日にボランティア活動として「孫文と滔天の顕彰碑」広場の環境美化活動を行っております。雑草などゴミ袋11袋ありました。ボランティア活動は10数年続いています。小雨の中ありがとうございました皆さま風邪をひかれませんように。DSC_0459[2]

5月3日、建国記念日の街頭演説を、かわの義弘参議員に来ていただき、徳村玉名市議、中野荒尾市議とともに、荒尾市グリーンランド通りの荒尾総合文化センター前で行いました。多くの方々に車の中から手を振っていただきました。また、街頭演説に駆けつけてくださいました皆さま、本当にありがとうございました。これからも「大衆とともに」を命に刻み、「現場第一主義」で全力で働いてまいります。 304319

304

荒尾市で第16回万田坑市民まつりが世界遺産登録の万田坑広場で開催されました。
青空のもと、市内外から多くの来場者にあふれ、万田坑施設も無料でした。ステージでは、オープニングのあいさつの後、荒尾太鼓、さのよい踊り、歌、ダンス等で会場は大盛り上がり。最後には全員で炭坑節の総踊りがあり、素敵な景品の抽選会がありました。会場には特産品販売やグルメコーナーもあり、多くの来場者は楽しく過ごされました。DSC_0451[1]DSC_0452[1]DSC_0448[1]DSC_0449[1]