Twitter
外部リンク
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
荒尾市 俣川勝範
masanori.matagawa@estate.ocn.ne.jp

23日、会派合同で香川県善導市に学校給食センターを視察。2年前に善導市、琴平町、多度津町の1市2町で協議会を発足。同センターは鉄骨2階建て、延べ床面積は3394,30平方㎡。1市2町の幼稚園と19の小中学校が対象になっていて1日当たりの調理能力は最大6500食。このうち、アレルギー対応給食は1日当たり65食作れるようになっています。また、民間の資金やノウハウを生かして公共サービスを提供するPFI方式を採用しています。総工費はおよそ21億8000万円です。運用は令和元年8月26日善通寺市で2学期が始まり給食の提供開始、9月3日から琴平町・多度津町で2学期が始まり、給食を開始されています。荒尾市も長洲町とともに学校給食センター建設が計画されていますので、しっかり取り組んでまいります。

24日、愛媛県西条市に「スマートシティ西城」を視察。ITC(情報通信技術)を活用し、地域のだれもがつながり、安全・安心に、豊かで快適な生活を送ることのできるまちづくりをすすめ、そのメリットをすべての市民が享受できるように目指しています。平成30年度は先行する教育分野のICT活用に加えて、市民の健康づくり、子育て支援、高齢者福祉などの分野で、ICTを活用したトライアル事業や関連事業に取り組んでいいます。荒尾市も先進的なスマートシティに取り組んでいます。学んだことを活用できるように取り組んでまいります。

20191023_12060320191023_10095020191024_11393020191024_095419

コメントは受付けていません。