Twitter
外部リンク
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
荒尾市 俣川勝範
masanori.matagawa@estate.ocn.ne.jp

Archive for 2018年 4月

荒尾市で第16回万田坑市民まつりが世界遺産登録の万田坑広場で開催されました。
青空のもと、市内外から多くの来場者にあふれ、万田坑施設も無料でした。ステージでは、オープニングのあいさつの後、荒尾太鼓、さのよい踊り、歌、ダンス等で会場は大盛り上がり。最後には全員で炭坑節の総踊りがあり、素敵な景品の抽選会がありました。会場には特産品販売やグルメコーナーもあり、多くの来場者は楽しく過ごされました。DSC_0451[1]DSC_0452[1]DSC_0448[1]DSC_0449[1]

定点にしています街頭演説を行いました。荒尾市4ヵ所、玉名市1ヵ所。今回は、給付型奨学金と待機児童対策について話をしました。車の中から手を振り「がんばってください」との励ましのお声に勇気をいただき、街頭演説の大切さ、訴えることの大事さを改めて痛感しました。現在、訪問・安心と希望の未来へ、現場の声を政策立案してゆく「子育て」「介護」「中小企業」「防災減災」のアンケート100万人訪問調査運動を行っています。地域へ「身近な公明党」の原点として、現場第一主義として、全力で働いてまいります。

DSC_0441DSC_0442

街頭演説を毎週土曜日に行っています。定点である荒尾市4か所、玉名市1か所で行いました。五月晴れのまぶしいい日差しで、顔が・・すみません。厳しお声や、励ましをいただきました。いろんな方にお声をかけていただき誠にありがとうございました。公明党の政策等を今後もしっかりと訴え、支持拡大に徹してまいります。

DSC_0438[2]DSC_0440[1]

荒尾市立八幡小学校と荒尾市立荒尾第四中学校の入学式に出席しました。八幡小学校では、2クラスで38名の新入生。ドキドキワクワクの気持ちでいっぱいのようでした。友達と仲良く遊び、しっかりと勉強に頑張ってほしいです。また、第四中学校では、3クラスで84名の新入生。明るく希望に満ちた厳粛な入学式でした。私は挨拶の中で目標に向かってチャレンジしてくださいと申し上げました頑張ってください。ご入学、誠におめでとうございました。

DSC_0519[1]DSC_0521[1]

4月4日(日)2018年第4回熊本県復興会議が熊本市内のホテルで、山口那津男代表をお迎えし開催されました。来賓として、蒲島郁夫熊本県知事をはじめ被災地の首長も参加をいただきました。初めに被災者の哀悼をしのび「黙祷」が行われ、城下県代表挨拶、来賓挨拶では蒲島県知事等の挨拶、被災地首長挨拶では西山熊本市長等の挨拶をいただきました。九州国会議員団の挨拶では、吉田前衆議員、高瀬参議員、濱地衆議員、河野参議員、江田衆議員より、災害時の活動や政策立案への取り組みについて話があり、党代表挨拶では、山口那津男代表より「最後の一人まで寄り添い、心の復興に努めてまいります。それが大衆とともにの公明党の原点であるからです」と力強く語られました。最後に、「熊本県復興加速宣言」を発表、採択されました。
これからも、熊本地震の教訓を活かし、災害に強いまちづくりを進めるとともに、最後の一人まで寄り添い、心の復興に努めてまいります。さらに、風化させることなく確実に後世に伝えてまいります。

DSC_0516[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

FB_IMG_1523194877811[1]

ボランティア団体のたんぽぽグループでは荒尾市運動公園競技場北側の孫文・滔天の功績をたたえ、毎月第1週の日曜日に朝7時より、ボランティア活動として「孫文と滔天の顕彰碑」前の環境美化活動を行っております。赤い万作の花が満開になり、つつじの花がつぼみから花びらを大空に向けて咲き始めています。近くにお越しの際は、お立ち寄りください。

DSC_0462[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0463[1]DSC_0464[1]