Twitter
外部リンク
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
荒尾市 俣川勝範
masanori.matagawa@estate.ocn.ne.jp

Archive for 2013年 1月

明けまして、おめでとうございます。本年も、皆様にとって素晴らしい年であります

ように心よりご祈念申し上げます。

昨年末の、衆議院選挙で公明党は皆様の支援をいただき大躍進し、新しい

自公政権が誕生しました。

最優先課題は、東日本大震災の復興の加速です「防災・減災」対策の実効。

社会保障と税の一体改革における3党合意の促進。

外交問題の立て直しの推進。

公明党は、景気回復、復興の先頭に立ち実力を発揮し、全国3000名の

議員とともに「日本再建」と「荒尾の安心・安全と元気なまちづくりに」に

全力で取り組んでまいります。

(挨拶をする島田荒尾市議会議長)

14時より市内のホテルで、講師として佐賀県嬉野市議会の神近勝彦議会運営委

員長兼議会活性化特別委員長と田中政司議会活性化特別委員会副委員長を

お迎えし、「嬉野市議会における議会改革及び基本条例制定の取り組みについて

講演を行い、質疑・応答では活発な発言がありました。

(挨拶をする前畑市長)

「人権の世紀」といわれる21世紀を迎えた今日、一人ひとりの人権を尊重し、同和

問題をはじめとするあらゆる人権問題を市民とともに考え、「心の温もり」のあるまち・

荒尾を作るためを目的として、「育てよう 一人ひとりの 人権意識」 ~思いやりの

心・かけがえのない命を大切に~をテーマに開催されました。

 

(荒尾干潟の野鳥を観察する参加者たち)

平成24年度熊本県自然環境講座「生物多様性くまもとセミナー」に参加しました。

13時30分より荒尾漁業協働組合で、日本野鳥の会熊本支部の安尾征三郎氏の

開会挨拶後、逸見泰久熊本大学沿岸域環境科学教育研究センター教授の講座で、

野鳥と底生生物の生態系のつながりと人の生活と共生の在り方について学び、野外

実習では荒尾干潟に生息する貝類やゴカイ等、多様な生物を観察し、その生態を学ぶ

ことが出来ました。

大変、勉強になりました。ありがとうございました。