Twitter
外部リンク
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
荒尾市 俣川勝範
masanori.matagawa@estate.ocn.ne.jp

Archive for 2012年 9月

 

(12日 一般質問より)

9月3日(月)より開催された定例会で、定住自立圏の形成に係る議会の

議決事件を求める条例の制定、平成24年度一般会計補正予算など可決

しました。一般質問では、「ラムサール条約登録後の取り組み」

「学校でのいじめ対策について」「通学路の安全対策について」質問を

しました。前畑市長より、ラムサール登録日の7月3日を「荒尾干潟の日」に

制定したいと答弁をいただきました。

(祝辞を述べる前畑市長)

荒尾市では、米寿を迎えた男性96人女性230人、計326人が

荒尾文化センターに招き、健康で長寿を願う式典が開催されました。

(開会式での前畑市長の挨拶)

8時30分より荒尾第四中学校のグラウンドで開かれ、消防団員・消防職員や

家族等も含め400人が参加しました。

市議会議員もパットゴルフ?に参加しました。

体力の向上と団員どうしの親睦を深めることが出来たのでは。

常に、市民の生命と財産を守っていただいている団員の皆様に

心より感謝申し上げます。

(協議会の総会)

荒尾市のホテルヴェルデで開催され、両市の発展に向け重点課題や

共通課題を整理し、委員間で論議することで合意。

本年11月末をめどに両市で幹事会を開催することを確認。

行政で厳しい課題は政治的解決を推進することで合意。

(絵本やよだれかけなどがプレゼントされました)

 

(絵本を手にし、楽しむ母子)

先輩の公明党議員が長年推進し、私も昨年9月議会でも一般質問をした

この事業が荒尾私立図書館でスタートしました。ありがとうございます。

本を通じて親子の触れ合う時間を持つことの大切さに役立てたいとの

思いで、保健センターにて7カ月児健診に訪れた母子に絵本パックと

ともに絵本・よだれかけなどを無料プレゼントされました。

今後、毎月7カ月児健診時にプレゼントされます。

(荒尾文化センター小ホールにて)

出席者、72団体の委員が「2030あらお優都戦略事業」を総括した後

4グループ別れ「有明優都戦略」の事業展開や施策等を討議し、各自の

意見、要望とが活発に話し合われました。

(来賓の公明党江田康幸衆議員の代読する永松熊本事務所長)

荒尾文化センターで開催され登録認定書の授与式や熊本県主催の

シンポジウムが行われました。

来賓として公明党江田康幸衆議員の代読が行われ、8月7日の

衆議院環境委員会で江田衆議員が拠点施設として「ビジター

センターの重要性とその設置を強く訴え、細野環境相より

前向きの答弁をいただいた」ことを報告しました。

会場には約1000人の市民が参加し喜びをともにしました。

(党員・支持者の方とカメラに)

朝7時30分より有明海クリーンアップ作戦とともに、蔵満地域の海岸を

中心に約800人の市民・団体・企業等が参加して、人工物と自然物の

2種類に分け清掃活動を行いました。