Twitter
外部リンク
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
荒尾市 俣川勝範
masanori.matagawa@estate.ocn.ne.jp

Archive for 2011年 12月

 12月24日、2011公明党熊本県本部冬季研修会が熊本市内で開催されました。

江田康行県代表(衆議員)のあいさつの後、「第3次補正予算関連の内容と

今後の議会並びに団体への取り組みについて」の研修を行い、その後、能登

熊本県市町村行政課長による、「地域主権改革整備法に伴う各議会での

対応について」を学びました。

12月17日熊本市内で開かれた公明党熊本県本部機関紙購読推進大会に、

山口那津男代表が出席し、公明新聞の報道を通して「国政を動かす役割を

果たしてきたことは間違いありません」と強調。

また、荒木清寛全国機関紙購読推進委員長(参院議員)も出席し、「次の戦いへ

議員率先で、機関紙推進を勝ち取ろう」と呼びかけ、県代表の江田康幸衆議院議員

も「購読推進に全力で戦おう」と強調しました。

活動報告を、玉名支部の大原マツ子さんが報告をされました。

12月23日、荒尾競馬が83年の歴史に幕を下ろしました。

最終開催日となったこの日は、ファン約9千人が廃止を惜しみつつ来場しました。

昭和3年に開設以来「海が見える競馬場」として親しまれ、多くのファンを持ち日本最古

の競馬場でした。

廃止後も関係者の再就職、跡地問題など多くの問題を抱えています。

2011年12月23日、それは荒尾市にとって忘れられない思い出深い一日となりました。

それは今年一番寒い日の出来事でした。

競馬関係者の皆様、本当にご苦労様でした。そして心からありがとうございました。

来年に向かって、新しい出発となります。

83年の歴史を支えてきた不屈の魂の人たち、感動と勇気を与えてきた賢人の人たち、

「人生はこれからだ負けるものか」との決意で、心を強く、そして最高の幸福な人生を勝ち

取ってください。

全国の皆様、ありがとうございました。

12月3日(土)に荒尾文化センターで開催されました「2011荒尾市人権フェスティバル

育てよう一人ひとりの人権意識~思いやりの心・かけがえのない命を大切に~」に参加し

てきました。アトラクションとして桜ゆりかご会・手話ダンスひびきによる「上を向いて歩こ

う」等ふれあいコンサートがありました。

開会式後、第1部では緑ヶ丘小学校、清里小学校、有明高等学校による、子どもから

のメッセージがあり、第2部では風の丘阿蘇大野勝彦美術館館長大野勝彦さんによる

「みんなやさしさの根っこでつながっている、笑顔笑顔」と題して講演がありました。

そのほか、展示部門、メデア部門、バザー部門と盛りだくさんありました。

21世紀は人権の世紀といわれています。「心の温もり」のあるまち・荒尾へ、しっかりと

取り組んでまいります。