カテゴリー(活動 – 消防団 操法大会)

60357959_2234822179942349_953683422058905600_o尾久消防団のポンプ操法大会が実施され、私の所属する尾久第六分団は3位に入賞しました。

新しくなった東尾久運動場での初めてとなる開催、選手の皆様にとっては戸惑いもあったかとは思いますが、天候にも恵まれ、無事に終了しました。

地域防災力の要である消防団の皆様のご活躍に期待しております。

20190510_191527_001 消防団のポンプ操法大会に向けて私の所属する尾久第六分団も訓練を重ねています。

消防団員はそれぞれの生業を持ち、お疲れのところを地域の安全のために日々鍛錬しております。

その成果を地域の皆様にご覧いただく機会でもありますので、今回は選手ではありませんがしっかりと支援活動をさせて頂きます。

尾久消防団の消防操法大会が行われました。私の所属する第六分団は自他共に認める優勝の常連でしたが、今年は惜しくも準優勝。選手や幹部の皆さんからは悔しいとの声が。

それに比べて3位の分団は大喜びです。一度の大会の結果では測れない強さがここにあると思いました。32954235_2264189750261435_7793325966566096896_n

勝負は時の運です。これまでの訓練は必ずや地域防災力の向上に結び付いています。私も微力ではありましたが、練習の準備や片付けなどで携わり、悔しい思いでおります。

20180416_204040 今年も消防操法大会の季節がやってきました。5月20日に尾久消防団のトップが決まります。

 私が所属する尾久第六分団もいつもの場所で練習を行っています。夜は肌寒く、雨で中止の場合などありますが、選手デビューの団員も含め頑張っています。

 私も支援員として交通整理やホース巻きなどお手伝いしております。

 尾久消防団のポンプ操法大会へ選手として出場し、優勝することができました。これまで指導してくださった尾久第六分団の皆様や支えてくださった団員の皆様、応援してくださった地域の皆様のおかげです。

dc0518116 今回の大会は消火班に加えて救護班の審査もあり、震災を想定した救命活動についての訓練も入念に行って臨みました。

 私はポンプ操作の途中で水の圧力が高くなってしまった場面があり、その部分で減点となってしまったと反省しています。しかし、総合点では優勝という結果にホッと一安心といったところでした。

 これからも日々の訓練に勤しみ、地域防災力向上のために全力を尽くします。

 選挙活動が終わり、5月17日に行われる尾久消防団のポンプ操法大会に向けて訓練を受けています。私は昨年に引き続き選手として参加します。

IMGP2113 今回は可搬ポンプから放水する手順に加え、災害時に負傷者への応急手当てを行ったり、AEDを活用して心肺蘇生救命を行ったりと選手の人数も増加した内容となっています。

 私はエンジンをかけ、水利のくみ上げから送り出しを行う機械員であり、短い距離ですが車の運転も行います。(ゴールド免許ですが、ペーパードライバーなので運転は15年ぶりです)

 連覇を目指して訓練に励む中で、災害時における消火活動によって区民の皆様の生命と財産を守る力をつけてまいります。

 平成26年度の尾久消防団消防操法大会において、第六分団の選手として参加し、優勝することができました。第六分団は昨年も優勝しており、初めて参加する私としては防衛が実り一安心です。

 

 

 

 

 

 

 

 訓練はとてもハードでしたが、仕事を調整しながら地域住民の安全を守るため、全力で取り組みました。

 また、今回は例年と違い、実践を想定した応用操法となっており、細かい審査のポイントよりもいかに速く火点に放水できるかが重視されました。

 私が担当した4番員は主にポンプにエンジンをかけ、状況に応じて水を送る役割です。タイミングが遅ければタイムが伸びず、速ければ危険を伴い失格になる場合もあります。

 これまでの間、ご指導してくださった皆様には心より感謝申し上げます。この経験を活かして防災街づくりの推進に全力を尽くします。

 5月18日に行われる尾久消防団の消防操法大会において第六分団の選手として訓練を受けています。

 私が担当する4番員は主に機械の操作ですが、消防団員としての規律正しい整列・行動などを徹底的に練習しています。

 ポンプに圧力をかけるのが遅ければ消火に時間がかかり、逆に早すぎてはホースが暴れ、大けがにつながる可能性もあります。

 先輩の皆様のご指導をよく聞きながら全力を出し切り、優勝目指して頑張ります。

 東京都消防操法大会の終了報告会が行われました。尾久第六分団は第三位入賞です。

 尾久消防団の大会から都大会までの長期間、訓練を重ねてきた選手の皆さんを称えるため、地域から多くの来賓の方々がお越しくださいました。

 木造住宅密集地域が多い荒川区において、消防団は重要な防災力と言えます。

 実はこの報告会の直前に西尾久2丁目において火災が発生し、私も火災現場へ出動しました。

 幸いにも怪我人等は出ませんでしたが、乾燥の季節です。緊急車両が入ることのできない地域では特に日頃からの注意が必要です。

 地域の安心と安全のために、消防団発展の重要性を多くの方が認識した日でした。

 東京電力の敷地をお借りして消防操法の訓練が始まりました。

 本番は10月26日、概ね週4、5日の練習日程で団員は仕事が終わってから集合します。選手も支援員も分団の垣根を越えて応援に駆け付けるメンバーもいます。

 尾久消防署長も「持っている力を全て出し切ってください、そうすれば必ず最高の結果を出せるはずです」との励ましのお言葉をくださいました。

 長い間の練習期間となりますが、選手は怪我の無いよう万全の状態で臨んでほしいです。

ブログランキングサイトに参加してます
あなたのクリックでランクアップします
こちらをクリックしてください ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

きくち秀信Facebook
ブログバックナンバー
カテゴリー別アーカイブ
サイト管理者
荒川区 菊地秀信
kikuchi621@hotmail.com