カテゴリー(実績 – 荒川区内)

 公明新聞東京・山梨版に掲載していただきました。

23419-1 障がい者福祉については、ご本人やご家族の方が筆舌に尽くしがたい苦労をされていることを思い、支援に力を入れて取り組んでおります。

 今回は私の提案でゆいの森あらかわにおいて、障がい者作品展「ゆいアート展」を開催することができました。

 これからも様々な分野を結んだイベントをゆいの森あらかわを活用して実施できるように提案していきます。

 事件解決の手がかりを掴むことができたり、犯罪の抑止力ともなるのが防犯カメラです。私は荒川区の治安をよくするため、防犯カメラ設置について継続的に取り上げてまいりました。

 さらに、この抑止力を強めるために、防犯カメラ撮影ゾーンのような形でもっと広くカメラがあることを知らせていく必要性を訴えてきたところ、このたび、防犯カメラ撮影ゾーンに表示を設置していただくことができました。

2015年の予算に関する特別委員会より ←こちらをクリックしてください。

 できることならば防犯カメラを使って捜査をしなければならないような事件は起こってほしくはありません。

 犯罪を未然に抑止する効果を高め、荒川区の治安向上に資することを防犯カメラには期待をしております。

20170829_05483320170829_050751

 荒川区広報担当の方から嬉しいご報告が。以前私が取り上げた区のfacebookページ開設について、この9月1日より実施とのことです。

 荒川区のイメージアップに向けた戦略的な発信については、粘り強く訴える中で実現できたことが多くあります。たとえば『あらみぃがつぶやく観光情報ツイッターの運用開始』『あら坊・あらみぃのナンバープレート交付』『区のホームページに行政書士会荒川支部のサイトをリンク』『あらかわ区報の希望者個別配布の実施』『区のホームページリニューアル』等々です。

11941228_1876747349217011_6501321739402619312_n その中でも、『区の情報発信力を高めるフェイスブックの活用』については予算要望書にも掲げ、力を入れてきたことであり、今回の実施を嬉しく思っております。

 18歳選挙権が導入される流れの中、最も身近な政治の場である市区町村の事業について、若者が興味・関心を持つためのSNSの活用は極めて重要であると認識しており、これからもさらに情報発信の充実を推進してまいります。

こちらをクリックして いいね!をお願いします → 荒川区facebookページ

1433045968880【総額3億6000万円 5月31日(日)一斉販売】

 本日、荒川区商店街連合会では、1万円で1万2000円分の買い物ができる区内共通お買い物券を販売しました。

 国における公明党の推進によって設立された交付金を活用したプレミアム付きお買物券を発行するべきであると区議会公明党は荒川区に対して要望してまいりました。

 チケットの販売にご協力いただいたいくつかの店舗の様子を見せていただきましたが、売れ行きは好調のようです。さすがに例年の3倍規模とあって、並んでも買えないという状況は見受けられませんでした。

 区内商店街の登録店(約1000店舗)で利用できます。一部店舗ではセール等も実施しますので、ぜひ、ご利用ください。

*詳細は、荒川区ホームページ( http://www.city.arakawa.tokyo.jp/sangyo/kunaishotengai/puremiamuhanbai.html  )をご覧ください
1433045957520【問合せ】
 荒川区商店街連合会事務局 03(3803)3003

 2年前の本会議で私が提案した「わかもの就労サポートデスク」が開設されました。

pixta_8924130_s 今回はそれに加え、子育て中の女性を対象者として、再就職活動へ不安を抱えた人をサポートするための相談窓口「子育て女性のおしごと相談デスク」を設置することが決定いたしました。

 対象者は就労・就職を検討、または就労・就職に向けた準備をしている子育て中の女性 (就労中の方も対象)です。多くの方の相談にお応えし、就労に結びつけるよう推進してまいります。

相談開始日:平成27年6月2日(火) 午前10時

相談場所:センターまちや3階 [荒川区荒川7-50-9]

公明党の力強い推進で、荒川区で発行予定の「プレミアム付き区内共通お買い物券」(=プレミアム付き商品券)のプレミアム率(割増率)が10%から20%になることが決定!

DSC_0043これは過去最大のプレミアム率で、例えば、1万円で1万2千円分のお買い物ができることになります。

 公明党荒川区議団では3月16日、プレミアム付き商品券の早期実施を求める要望書を区に提出。さらに4月14日には、同商品券の、プレミアム率の引き上げを求め、もう一度、行政に対して申し入れを行いました。これが決定打となり、過去最大規模のお買い物券発行が実現しました。

 公明党は「大衆と共に」の立党精神を貫き、荒川の皆様のために戦ってまいります。

発売日時:5月31日(日)午前10時~

発行総額:3億6千万円(プレミアム分20%、6千万円)

発売場所:区内各商店街(発売場所の詳細などは5月21日付けの区報に掲載)

1人あたり5万円分(6万円相当)まで購入可能。本年11月30日まで使用できます。

 4月から荒川区のホームページが新しくなりました。区の戦略的な情報発信については予てから要望をしてきたところです。

top 今回の目玉はトップページ左上部、区の重要施策情報や旬のイベント開催情報などを掲載したブランディングエリアです。

 このエリアは常時3つの情報が自動的に切り替わり、各掲載情報の入口(リンク)となっています。また、右下の番号をクリックすると、他に掲載されている情報に切り替えることが出来ます。

 また、目的に沿った情報を分かりやすく提供するため、区からのお知らせ・情報等を掲載した「行政情報トップページ」と、区の魅力・観光・あら坊やあらみぃなどの情報を掲載した「観光情報トップページ」の2つのトップページがあります。ぜひご覧ください

http://www.city.arakawa.tokyo.jp/

 荒川区の情報を月3回のペースで発信している区報ですが、せっかくの情報もなかなか区民の皆様の元へ行き渡っていないという声を伺うことがありました。

20150321_01 これに対し私は、「荒川区のイメージアップに向けた戦略的な発信」の一環として区報の充実と配布の工夫を要望してまいりました。

 そしてこの度、4月11日号からデザインを一新し、全ページカラー・左綴じ・横書き表記となります。より分かりやすく、見やすい区報で、区政情報をお届けしてまいります。

 また、区内在住で、新聞を購読していない方に、無料であらかわ区報をお届けします。3月23日(月)から、電話またはファクスで、「区報配布希望」と住所・氏名・電話番号をお知らせ下さい。

【申込み・問合せ】
広報課 (03-3802-3111内線2133)
FAX 03(3802)0044

 女性の健康づくり支援の充実を図るよう区へ求めてまいりました。ロコモティブシンドローム対策の推進や骨粗しょう症対策としての骨密度測定導入などもその一つです。

 そして今回、女性のためのセルフケア講座を開催することが決定しました。働き盛り世代、子育て世代の女性を対象とした健康づくり講座です。日頃の疲れをリフレッシュし、健康的な習慣を身につけていただければと思います。

josei【第一弾はリンパケア】

リンパの流れを良くすることで、冷えの改善・免疫力の向上などを目指しましょう。

日時:平成27年2月17日(火曜)午前10時から正午まで

対象:20歳から64歳までの区内在住、在勤の女性

定員:先着30名

講師:リンパ浮腫療法士・英国IFA認定アロマセラピスト 宇津木 寿子 先生

場所:荒川区役所 北庁舎 1階 101会議室

持ち物:汗拭き用タオル、飲み物

服装:動きやすい服装でお越しください。更衣室はありません。

費用:無料

託児:先着12名(予約制・無料)、対象年齢は1~4歳未満

03-3802-3111(健康推進課・内線434)へ電話にてお申し込みください。「ホームページを見て」と伝え、名前・年齢・住所・電話番号をお知らせください。

 公明党東京都本部の会合が信濃町であり、秋葉原から日比谷線で三ノ輪駅へ行き、荒川区役所へと向かいました。

DSC_0483 その道中にあるのがJR 常磐線第3三河島ガード下の壁画です。これは東京藝術大学の卒業生グループ「A+( アプリュス)」が中心となり、町会やボランティアの方、第六瑞光小学校6年の児童や荒川工業高校の生徒も色塗に参加して完成したものです。

 江戸時代の荒川区をイメージしたもので暗がり対策として治安の向上につながる、区議会公明党が推進している事業です。

ブログバックナンバー
カテゴリー別アーカイブ
サイト管理者
荒川区 菊地秀信
kikuchi621@hotmail.com