カテゴリー(行事 – 荒川区内)

今年で第10回を迎えるあらかわバラの市が盛大に開催されました。32780833_1690858034368818_6892716421751504896_n

バラの鉢を買い求める人で賑わい、町屋駅前は活気にあふれていました。また、今年はゆいの森あらかわ会場でもバラの販売や友好都市の物販などが行われました。

バラを区の花にすることなどを提案してまいりましたが、バラは区民に親しまれているとつくづく実感いたしました。

荒川区最大のイベント「第32回川の手荒川まつり」が都立汐入公園で開催されました。

20180429_115516交流都市の物産品や荒川区の各団体による焼きそばやかき氷を買って、家族4人で木陰で食べる。久しぶりに家族らしい時間を過ごすことができました。

仮面ライダービルドSHOWには2人の息子も大満足、長時間の肩車に腰が悲鳴を上げています。

   20180303_105214南千住野球場で「あらBOSAI(ぼうさい)2018」が行われました。

 このイベントは、子どもから大人まで、誰もが楽しみながら防災の知識や技術を学べるよう開催されました。

 各ブースの体験プログラムの運営は、区内の中学校防災部に所属する中学生が中心となって務めます。

 

20180303_09491720180303_102600

20180202_193329 毎年恒例の東京(まち)創り研究会の新年会に参加しました。この会が新年会シーズンの終わりを告げることが多いです。

 荒川区の西川太一郎区長の講演から始まり、第二部では様々な出し物やご挨拶が続きました。

 思えば昨年のこの会では、鈴木前都議が慶野都議を紹介し、さながら慶野信一出陣式のような様子でした。

 この一年も地域に根差した活動に全力を尽くします。

20180105_193158 行政書士会荒川支部の新年会へお招きいただきました。役員の皆様、ありがとうございました。

 法教育や空き家対策の分野で荒川区のために力をお貸しいただいている皆様です。

 街の法律家、身近な暮らしの相談窓口として、今年も益々ご活躍されることをご祈念申し上げます。

 荒川区高年者クラブ連合会主催による、地域ぐるみ大運動会が開催されました。昨年は台風の影響で中止となりましたが、今年は台風でもやろうという気概だったとのことです。

20170920_092905 会場の荒川総合スポーツセンター大体育室は割れんばかりの熱気につつまれ、尾久、町屋、荒川、日暮里、南千住の各支部ごとに整列しての開会式が行われました。

 慶野都議からは生涯青春の心意気で頑張ってくださいとのエールがあり、午後3時半まで競技が続きます。

 どうか皆さんお怪我のないように、楽しいイベントとしてください。

 第9回あらかわバラの市の開会セレモニーが都電町屋電停の隣で行われました。早いもので来年で10周年を迎える荒川区の恒例行事です。

18556418_293241051133966_4892142558012101096_n 都電沿いに咲き誇るバラの花、そしてバラの鉢を買い求める人たちの行列、さらにはバラ関連の商品が並ぶブース、とても盛況でした。

 私もいつも懇意にしてくださっているセキヤさんのローズフィナンシェ、天ふじさんの天バラ天むす、増田園さんのバラ紅茶などを購入させていただきました。

20170520_103713 地域商店街の皆様の工夫を凝らした商品、私には到底思いもよらない商人の発想に感服致しました。

 上着を脱いで行ったせいか、「菊地さん、スリムになったね」などと言っていただきました。

 紅茶はともかく、天むすとフィナンシェで元の体重に戻らないように、梅の湯さんのバラ風呂で汗を流そうかと考えている所です。(すでに天むすをひとつ食べた段階で撮影)

 東京(まち)創り研究会新春の集いへ。この会は西川太一郎荒川区長を特別顧問とした西川区長を応援する区民の集いです。

1486192955348 国会、都議会、区議会の自公民それぞれの議員や各種団体の皆様など、毎年多くの方でラングウッドの最大規模の部屋が埋め尽くされます。

 第一部の講演会の中で「けいの信一」さんが鈴木都議の後継として紹介され、第二部では太田前国交大臣や鈴木都議から紹介されたことから、しっかりと「けいの信一」さんを知っていただくことができました。

 荒川区人権週間講演会へ参加させていただきました。講師は元サッカー日本代表の釜本邦茂さんの姉でもある釜本美佐子さんです。

1481515385220  釜本美佐子さんは大学卒業後、ツアーコンダクターとして海外で活躍していましたが、1994年に網膜色素変性症と診断され、2012年に失明しました。

 失明する不安の中、知人の誘いで海外でブラインドサッカ―を視察。1481515386046そこで、選手たちのはつらつとした姿を見て感動し、2002年に日本ブラインドサッカ―協会を立ち上げました。

 ブラインドサッカ―は、アイマスクをつけた5人制のサッカ―で、鈴のような音がなる専用のボールを使うスポーツです。

 釜本さんは、ブラインドサッカーについて、立場の異なる人を理解し、多様性を認め合う社会づくりのために役立てたいと力強く仰られていました。

 失明をしたことをプラスにとらえ、おかげで世界が広がったと述べられていたのが印象的でした。

 10月15日(土)、16日(日)に、日暮里駅前イベント広場において、第62回日暮里マルシェが開催されました。今回の日暮里マルシェでは、「北海道・くしろ 旬!秋の味覚市」と題して特別区長会が進める全国連携プロジェクト推進事業が実施されました。

1476686625526 JR山手線・常磐線、京成線、日暮里・舎人ライナーが交わる日暮里駅前でのイベントということで、家族連れを始め多くの方々が来場し、私も長男とともに「星空の黒牛」の鉄板焼きや北海道クリームコロッケなどをいただきました。

 釧路町のマスコットキャラクターでエゾフクロウの「ガッホくん」と、鶴居村のたんちょう鶴をモチーフにした「つるぼー」が、荒川区の「あら坊」と一緒にイベントを盛り上げ、来場した子どもたちの人気を博しました。

ブログバックナンバー
カテゴリー別アーカイブ
サイト管理者
荒川区 菊地秀信
kikuchi621@hotmail.com