カテゴリー(個人 – ご挨拶)

令和が始まりました。そして私は今日から荒川区議会議員3期目のスタートです。

2令和5年4月30日までの4年間、区民の代表として選んでいただいた皆様のため、荒川区のさらなる発展のため、全力を尽くしてまいります。

今期の荒川区議会(定数32)は新人議員が10名、平均年齢もかなり若くなり、まさに世代交代といったところです。

区議会と区長は議決機関と執行機関であり、互いのけん制と均衡により、豊かな区民生活の実現に努めます。

その役割をしっかりと果たしていくための準備が、連休明けの会派代表者会から始まります。

 2 明年4月に行われる荒川区議会議員選挙の予定候補として公明党より公認されました。3期目に挑戦します。

 この8年間、私に投票してくださった皆様への期待にお応えするため、全力で働き抜いてまいりました。

kikuchi - コピー 12年に1度の参院選と統一地方選が重なる年、国政のことに注目が集まりがちですが、しっかりと地域に根差した活動を実践していく所存です。

 これからも皆様のご支援を賜りますようお願い申し上げ、公認を受けてのご挨拶とさせていただきます。

kikuchi (2)(写真は上から現在、4年前、8年前)

kikuchi (1) 議員活動も2期8年目に突入しました。日頃よりご支援を賜っております支持者の皆様に厚く御礼申し上げます。

 任期が始まった2011年5月1日は、東日本大震災の甚大な被害により、日本全国が混乱の渦中であり、私の議員としての初質問も子どもたちの災害対策についてでした。

 それから丸7年間、区民の声を届けること、公明党らしい庶民の視点、現実的な提案を意識して2177件(議事録データ発言者検索より)の質問をしてきました。

 残された任期1年間も『小さな声を聴く力(キクチから)』を発揮し、区民の皆様のお役に立てるよう全力で働いてまいります。

 新年あけましておめでとうございます。お正月は新年のご挨拶と街頭遊説でスタートを切りました。皆様の温かきご支援を力に、今年一年を全力で走りぬいてまいります。

12487171_938006772961013_3890192883921565541_o 今年はマイナンバー制度の運用から始まり、北海道新幹線開業や伊勢志摩サミット、初の18歳選挙となる夏の参院選、リオでのオリンピック・パラリンピック、アメリカ大統領選挙などの注目の話題があります。

 そのような中で、しっかりと地域に根を張り、荒川区のために益々働いてまいります。2016年もどうかよろしくお願いいたします。

1451563152400 今年最後の活動は消防団の歳末警戒でした。地域の安全を確認し、団の仲間たちと温かいおでんなどをいただきました。

 今年を振り返るとき、何と言っても外すことができない出来事は区議会議員選挙2期目の当選です。

1429968222514 最後の一瞬まで「1票」の拡大に執念を燃やし、奔走してくださった地域の党員、支持者の皆さま、きくち秀信に熱烈な声援を送ってくださった荒川区の有権者の皆さまに、心から感謝と御礼を申し上げます。

1433903904725  議会では一つの委員会の委員長を任され、積極的に調査・研究の活動を行っています。夏には私が役員を務める荒川区議会有志議員の勉強会「東アジア政治経済研究会」による国際友好交流都市・済州市の交流団として済州市役所を訪問し、草の根の国際交流活動を行いました。

1440234430108 また、5月に行われた尾久消防団のポンプ操法大会に選手として参加、2年連続の優勝を始め、所属する荒川区歌謡協会、荒川西尾久野球連盟、大太鼓連盟納涼太鼓大場連、西尾久七丁目本町会でも多くの方にお世話になり、共に活動をすることができました。

12039383_396602130551107_7550813784932212619_n 少し角度の違う活動としては、「教育ファシリテーターになろう!グローバルな学びを目指す参加型授業」という本が、弘文堂より発売され、私もほんの一部(第1部の1章1節と10章1節)ですが、原稿を書かせていただきました。売れ行きも好調のようです。

 さらには若手議員の会において、研修等で多くのことを学び、荒川区政の発展へと結びつけることもできています。ここでできた超党派のネットワークによって、茨城県常総市への災害支援ボランティア活動をすることもできました。

 来年はなお一層の努力を怠らず、健康に留意して、すべての活動に全力を尽くしてまいります。

 また、2月には家族が1人増える予定ですので、一番の理解者である家族を大切に皆様のご期待にお応えしてまいります。

 大変に多くの方からお祝いの言葉をいただき、38歳のスタートを最高の形できらせていただきました。30代もあと2年、この業界では若い方なので、失敗を恐れず何事にもチャレンジしていきます。

kikuchi - コピー 本会議の代表質問もひと段落ということで、これからも地道な活動に徹して小さな声を聴く力(キクチから)をフル活用し、さらに区民の皆様の声を区政へと反映できるように取り組んでまいります。

 次回から代表質問の内容を投稿していきます。これからも菊地秀信の活動へのご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 旧年中は、皆様より心温まるご支援を賜り、深く感謝申し上げます。

 1年の世相を表す漢字は『輪』でした。2020年五輪招致が東京に決まったことが最大の決め手だとは思いますが、家族の輪、地域コミュニティーの輪、文化・芸術・スポーツなどを通じてできる輪など、今年もつながりを大切にしていきたいものです。

 私自身も区民と区政のパイプラインとして議員活動を始めて間もなく丸3年になります。これまでの間、多くの区民の皆様の声を区政につなげさせていただきました。

 本年が皆様にとって幸多きことをご祈念申し上げ、ご挨拶とさせて頂きます。

 ここ数年の10月は自らの人生を振り返るときとなっています。3年前の9月末日をもって教員を退職し、そこから様々なことが凝縮されて起こりました。

 教員を退職、区議選に出馬、当選、結婚、長男誕生、マイホーム購入・・・この3年間を振り返ると「変化に戸惑う暇もなし」というのが正直なところです。

 また、新たな人との出会いという点で見ても、党員・支持者の皆様方を始め、町会・商店街など地域の方や拓殖大学公開講座の先生・受講生、消防団の団員仲間などなど、数えきれないほどです。

 さらに、自党他党・区内外の議員、区の職員、企業団体の皆様などを加えると、途方もない数になります。

 これまでも生徒や保護者、同僚など毎年多くの人に縁する仕事でしたが、さらに勢いを増して輪が広がっています。

 今思えば私が縁した人々は両親から始まり、恩師や学生時代の先輩・後輩・仲間たちなども含め、自分にとってかけがえのない人達ばかりです。

 これからも多くの出会いがあると思います。茶道に由来する一期一会という素晴らしい言葉をもう一度思い起こし、すべての出会いを大切にしていきたいと思います。

 今日9月13日は、公明党の立党精神である『大衆と共に』との、公明党にとって永遠の指針、原点を頂いた日です。

 1962年9月13日、公明党の前身である公明政治連盟の第1回全国大会が東京・豊島公会堂で開かれました。

 その中で公明党の創立者である池田大作先生が、立党精神の淵源となる講演をされ、その中で「大衆とともに語り、大衆とともに戦い、大衆の中に死んでいく」と訴えられたのです。

 政治家はどこまでも大衆とともにあれ!とのこの叫びは、今も私たち公明党議員の心にいつまでも新鮮に響き、受け継がれている不変の精神であります。

 党創立者の講演では「大衆直結」、「団結第一」「たゆまざる自己研さん」の3点が強調されました。

 大衆直結とは、いわゆるポピュリズムではなく、大衆のニーズをきめ細かく把握し一人一人を幸せに導く事、団結第一とは団結して国民の声を集約する事で、果断に政策を遂行する事、自己研鑽とは現場に根差して現場から学び研鑽して現場第一の政策実現に奔走する事です。

 公明党は、日本の柱 公明党、大衆福祉の公明党として、今後ますます存在感を発揮して参りたいと思います。

ブログランキングサイトに参加してます
あなたのクリックでランクアップします
こちらをクリックしてください ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

 7年後、私は43才。世界をより身近に感じられるオリンピック・パラリンピックが2020年、東京で開催されることが決定しました。

 スポーツを愛する一人として、心よりお喜び申し上げます。本当におめでとうございます。

 東日本大震災からの復興、デフレ不況からの脱却、安心・安全の都市づくり・・・世界に誇れる日本の姿を世界中に示すため、これからの7年間が重要な意味を持ちます。

 日本がチーム一丸となって子どもたちに夢と感動を与えられる最高の祭典としてまいりましょう。 

 私もまずは11月に行われる荒川リバーサイドマラソンに参加し、区民の皆様とともに汗を流したいと思っています。

ブログランキングサイトに参加してます
あなたのクリックでランクアップします
こちらをクリックしてください ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

きくち秀信Facebook
ブログバックナンバー
カテゴリー別アーカイブ
サイト管理者
荒川区 菊地秀信
kikuchi621@hotmail.com