決算審議には様々な資料が配布されます。その中の行政評価結果には、昨年度の一つひとつの事業について行政としてどのように評価しているのか、詳しく書かれています。

img_0この中から区民がスポーツをする環境改善について要望しました。行政評価結果には、空き地の少ない荒川区で工夫して区民サービスの向上に努めると記載されています。

私からは荒川遊園運動場の利用状況に合わせて、空いている時間を子ども達に自由に使えるよう工夫はできないか、要望しました。

また、西新井にある区営野球場のトイレに手洗い場がないとの区民の方の要望もお伝えさせていただきました。

28年度は区内全避難所での避難所開設・運営訓練を開催し、防災区民組織のさらなる意識啓発に重点を置いた勉強会形式の訓練を実施しまいした。

IMG_5794その中で区内在住の防災士を活用し、より価値的な訓練とすることはできないかと提案しました。全国に13万人いるという防災士ですが、荒川区に何人いるかはこれから調査するとのことです。

併せて防災士資格所得費用の助成についても要望しました。

また、特殊詐欺対策として、オレオレ詐欺被害防止サポーター制度による地域ぐるみの見守り活動について質問し、自動録音機の設置拡大について取り上げました。

 

昨年度の主要事業でもある俳句文化振興事業について質問しました。荒川区では俳句文化のすそ野を広げるため、あらかわ俳壇やさくら投句会などを行っています。

IMG_5799区民の方の中にはまだ難しい、どうやって作ったら良いのかわからない、恥ずかしいなど一歩目を踏み出せない方がいます。

最近は人気番組『プレバト』において、夏井いつきさんによる俳句添削が話題です。添削によって映像化される俳句は見事です。

荒川区においても夏井氏をゲストとしてイベントを開催するなど、より多くの方が俳句への関心を高めることができるような取り組みについて提案要望しました。

 20170921_080950 今日から秋の全国交通安全運動(9月21日~30日)がスタート、私も西尾久7丁目本町会の役員として通学路に立ち、子どもたちに交通安全を呼びかけました。

 帽子と旗と腕章でコスチュームはバッチリです。最近の腕章は安全ピンがいりません。まっすぐ伸びた状態からパキっという音を鳴らせば丸くなる素材の優れもの(うまく説明できませんが)

 交通事故は被害者も加害者も人生を台無しにする可能性があるものです。細心の注意を払って見守り活動を続けていきたいと思います。20170921_080909

 荒川区高年者クラブ連合会主催による、地域ぐるみ大運動会が開催されました。昨年は台風の影響で中止となりましたが、今年は台風でもやろうという気概だったとのことです。

20170920_092905 会場の荒川総合スポーツセンター大体育室は割れんばかりの熱気につつまれ、尾久、町屋、荒川、日暮里、南千住の各支部ごとに整列しての開会式が行われました。

 慶野都議からは生涯青春の心意気で頑張ってくださいとのエールがあり、午後3時半まで競技が続きます。

 どうか皆さんお怪我のないように、楽しいイベントとしてください。

facebook_1505815278238 荒川区長寿慶祝の集いへ。区内在住の満75歳以上の方(昭和17年9月19日以前に生まれた方)を対象に、サンパール荒川大ホールで4回の式典を開催します。

また、式典会場にはお越しになれない方々にも、それぞれの地域でご長寿を祝っていただけるよう、各ふれあい館ごとに特色あるイベントを開催します。

毎年参加させていただいて思うことは、これだけ元気な75歳に私もなりたいということです。

75歳以上とは思えないほど参加者の皆さんがお若い、どうか皆さんいつまでもお元気で。

 本日付の公明新聞に掲載していただきました。内容はネットでの情報発信についてです。

 公明新聞のヤングホームページという特集ページでは、公明党の青年議員にスポットを当て、様々な活動を紹介しています。

20170914_112216 ネット選挙が解禁となり、18歳に選挙権が与えられるという流れの中で、若い人たちにもっと区政を身近に感じてもらえればと思っています。

 これからもあらゆる世代の方々に、私の議員活動を通じて議会や議員の日常について知っていただけるように尽力してまいります。

DSC03776 本日の本会議において、決算に関する特別委員会が設置されました。これは昨年度の決算についての資料がまとまり、それを議会が認定するかどうかを決める委員会です。

 もう過ぎたことを話し合ってどうするのか、と聞かれたこともありますが、地方自治法に定められた議会の権限のひとつであり、とても重要なことなので例年、特別に委員会を置きます。

DSC04927 多くの議会はこの決算審査を通して出た意見や提案などを来年度予算に活かすため、区長をトップとする役所が予算の編成に取り掛かる前に実施しています。

 委員長には自民党の並木一元議員、副委員長には公明党の松田智子議員が選出されました。9月25日~10月5日の間の7日間で実施されます。

 事件解決の手がかりを掴むことができたり、犯罪の抑止力ともなるのが防犯カメラです。私は荒川区の治安をよくするため、防犯カメラ設置について継続的に取り上げてまいりました。

 さらに、この抑止力を強めるために、防犯カメラ撮影ゾーンのような形でもっと広くカメラがあることを知らせていく必要性を訴えてきたところ、このたび、防犯カメラ撮影ゾーンに表示を設置していただくことができました。

2015年の予算に関する特別委員会より ←こちらをクリックしてください。

 できることならば防犯カメラを使って捜査をしなければならないような事件は起こってほしくはありません。

 犯罪を未然に抑止する効果を高め、荒川区の治安向上に資することを防犯カメラには期待をしております。

20170829_05483320170829_050751

 区民の皆様から伺った声を来年度予算に反映させるため、毎年、区長に対して予算要望書を提出しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 公明党の議会活動は、公の場で「あれをやれ、これをやれ」と質問や要望を言うだけではありません。予算編成の前に区の執行部と実現に向けて協議し、区長が提出する予算案に公明党の提言を盛り込むことが大切であると考えています。

 荒川区においては、毎年の区長が提出する予算案に公明党の主張が随所に盛り込まれており、当然ではありますが予算案に対して賛成をしております。

 また都においても、17年度予算案の目玉である私立高校授業料の実質無償化について、小池都知事が「公明党と話が整った。一致できてよかった」(1月17日付「日経」)と明言した通り、公明党の政策実現力が存分に発揮されていました。

 今後の大まかなスケジュールは、8月に実施した各部との区政懇談会の内容を反映した予算要望書を9月に提出し、10月の決算審議、3月の予算審議を経て来年度を向かえます。

ブログバックナンバー
カテゴリー別アーカイブ
サイト管理者
荒川区 菊地秀信
kikuchi621@hotmail.com