さいたま市の子ども家庭総合センター「あいぱれっと」を現地視察。

66770887_2297736013614884_8553145121913176064_n職員のフロアも一体となっており、こども・保健・市民(男女参画、DV)・教育の4部局の機関がひとつの施設で情報共有・連携できる体制になっています。

荒川区は来年四月に区立の児童相談所を23区で初めて設置する予定です。建物よりも人が重要です。参考にさせていただきます。

関東若手市議会議員の会 関東公式研修in埼玉に参加させていただきました。

66528370_2296366117085207_5520516762006716416_n川口駅前のキュポ・ラにて、「川口市の多文化共生の取り組み」についてお伺いしました。

川口市は現在の外国人居住者は約3万5千人にのぼり、総数では全国3位、東京都内を除くと全国1位の人数となっているそうです。

学校によってはクラスの児童・生徒の半数近くが外国人という地域もあるとのことでした。

委員会へ付託された14件の議案について、委員長から審議の報告を受け、議会として可決するか否決するかを決めるのが本日の本会議です。

また議員は、賛成か反対かの意思を表明するだけではなく、他の議員へ賛成すべきか反対すべきかを訴えることができます。それが討論です。

6月会議においてこの討論を行ったのは公明党荒川区議会議員団の新人2名のみ。思う存分公明党の主張を述べさせていただきました。

YouTubeに動画配信されています。
増田 7分20秒頃
山口 25分30秒頃
↓↓
https://youtu.be/v8uN9Q3YRBU

66330503_210983286547604_6458481522885263360_o【増田峰子議員】議案第11号

消費増税時の景気対策としてのプレミアム付き商品券が荒川区でも発行されます。公明党の主張で実施される軽減税率と共に、低所得者及び子育て世代が対象の負担軽減対策です。

他党からのヤジにも負けず、しっかりと社会保障を充実させるための消費税であるとの公明党の見解を示しました。

【山口幸一郎議員】議案第4号

1人親家庭は離婚、死別、未婚の状況によってその税制上の優遇処置に違いが生じます。

親の状況によって子どもが育つ環境に違いが生じてはならないという公明党の主張で法律が変わり、荒川区においても条例が改正されます。

国と地方のネットワークで政策を実現するのは公明党の真骨頂です。

facebook_1562396681378ホタルを育てる会の皆さんは、荒川自然公園に自然のホタルが飛ぶように、ホタルの幼虫を育てて放流する活動をしています。この鑑賞の夕べというイベントにご招待していただきました。

ホタルが飛ぶにはもう少し遅くなければならないようで、議長の話の後に副議長もと言われ、突然のご指名でしたがご挨拶させていただきました。

都心部の子どもたちは自然に触れる体験が乏しくなりがちです。この活動がこれからも長く続くようご祈念申し上げます。

 

20190705_090527 20190705_090625ホテルラングウッド・日暮里サニーホールで開催された「あらかわの伝統技術展」は、江戸時代から受け継がれた伝統工芸技術の手作りの素晴らしさを広く紹介することを目的に行われています。昭和56年3月に初めて開催され、今回で40回目を迎えます。

約60人の伝統工芸職人による伝統工芸の展示・実演・販売を実施するほか、伝統工芸技術の体験コーナーなど、見どころ満載のイベントです。

今日から17日間の選挙期間が始まります。投票日7月21日の前日まで投票依頼ができます。

20190704_093738国会議員、都議会議員、区議会議員、支持者の皆様、ご友人の皆様がネットワークで結ばれている大衆政党が公明党です。庶民の声を国政に届けるシステムがあります。

どうか投票用紙には「東京選挙区は山口なつお」「比例区は公明党」とお書きください。

先んずれば人を制す。一番最初にポスターを選挙掲示板に貼ってきました。

IMG_7485荒川区議会6月会議が始まりました。

初めての議長席はどうでしたかと何人かに聞かれましたが、本会議で行われるやり取りは幹事長会、議会運営員会理事会、議会運営委員会、全員協議会で確認をされたことを進めているので、予想外の展開はあまりないのが実際です。

これはシナリオ議会と批判されがちですが、議場で32名の議員と区長以下区の執行部が何の打ち合わせもなく話し合っていては時間がいくらあっても足りませんし、現実的とは言えません。IMG_2794

そのため事前に必要な話し合いを済ませ、決定までのプレセスがわかるように質問や答弁の調整をしたものを公開しています。

これに対し、委員会の質疑はフリーで話す場面が比較的多いので、盛り上がる時もあればかみ合わない時もあります。

お時間がありましたら傍聴へお越しください。また、インターネットで動画を公開しておりますので、ぜひご覧ください。

https://www.city.arakawa.tokyo.jp/kugikai/rokugachuukei/index.html

荒川区議会は改選後に10名の新人議員が誕生し、23区トップの3割超が新人という議会です。

20190620_125244副議長としてまず提案したことが、新人議員のスキルアップにつながる研修会の実施についてでした。

私が新人だった8年前も会議室で区政説明を受けましたが、現場の取り組みを見せてもらう機会はありませんでした。

施設を見に行く場合は先方に段取りをしていただく必要がありますし、新人議員1人で伺うのにわざわざその手間をかけていただくのは気が引けます。

そして自身が新人議員だった時に「こんな機会があったら助かったのに」ということを考えて実施した今回の取り組みが、都政新報に掲載されました。IMG_7180

福祉部、産業経済部、教育委員会の関連はまだ見ていないので、第二弾を実施していくために、合意形成を図っていきたいと思います。

(自分が言い出したこともあり、9時から15時までの全行程同行させていただきました)

20190618_153439高橋みつお支援のため兵庫へ。ある方のご紹介を受けた神戸市中央区の不動産屋さんを12軒回り、お願いのご挨拶をさせて頂きました。

参院選兵庫選挙区は定数3で自民、維新、立憲が戦いを優位に進め、新人高橋が苦戦を強いられております。

20190618_144917元外交官である高橋みつおは即戦力です。この国の将来に必要な人です!

https://takahashi-mitsuo.com/

20190608_103417音楽専科の先生が実施する授業では、1年生が鍵盤ハーモニカを使って1時間の間で曲を完成させるというものでした。

当然メロディーは先生が担当し、子どもたちはタイミングに合わせて和音を担当。とても満足している様子でした。

まず子どもたちに教えたことは音を出さないこと。さすがはベテランの先生であると思いました。あちこちで音が鳴ってはその度に授業がストップします。

学校の授業には躾の意味もあると教員時代に教わりました。充実した教育サービスを提供していただいていることに感謝いたします。

(あさがおはザラザラでフサフサだったようです)

きくち秀信Facebook
ブログバックナンバー
カテゴリー別アーカイブ
サイト管理者
荒川区 菊地秀信
kikuchi621@hotmail.com