27972918_979309848891312_1414163540192900434_n 遊園地通り商興会の「おうちごはん いずみや」さんでは、普段はステージでやっていることをお店の中でやってしまうといういずみやイベントナイトを開催しています。

 今回は深刻な被害が発生し続けている特殊詐欺について、演劇グループ「TEAM DugOut」の皆さんが寸劇を通してその手口を実演、とても分かりやすく詐欺防止のための知識を広めてくださいました。

 子どもを思う親心につけ込む卑劣な犯罪を許さないためにも、これからも様々な場でこのような機会を設け、犯罪抑止力を高めていってもらいたいと思います。

 20180216_191255

27999651_1837418176308210_826942983_o 品川区立五反田文化センターで開催された児童虐待防止についての勉強会に参加しました。

 大阪府知事認定子ども家庭サポーター(子ども虐待防止アドバイザー)である講演者の辻由起子さんは社会福祉士・保育士であり、前茨木市市政顧問として活動されておりました。

 現場のリアルな話をパワフルに伝えていただき、更なる子育て環境の改善、困難な状況に置かれている母親へのサポートが必要であると感じました。

27846692_939176719579096_12836445_o 茨城県つくば市で開催された議員向けの勉強会へ参加しました。

 内容はデマンド交通と特区を活用したワインの街についてです。

 つくば市の土がワインの元となる果実の栽培に適していることから、多くのワイン農家さんがおいしいワインを作っています。

 新市長が誕生し、副市長が全国最年少の26歳ということにまず驚きました。

 

 27787133_939177662912335_330498005_o20180205_160822

20180202_193329 毎年恒例の東京(まち)創り研究会の新年会に参加しました。この会が新年会シーズンの終わりを告げることが多いです。

 荒川区の西川太一郎区長の講演から始まり、第二部では様々な出し物やご挨拶が続きました。

 思えば昨年のこの会では、鈴木前都議が慶野都議を紹介し、さながら慶野信一出陣式のような様子でした。

 この一年も地域に根差した活動に全力を尽くします。

27605867_1179599502174690_236759667_o 千葉県の柏市、流山市で行われた議員向けの研修会へ。

 柏市ではプログラミング教育、オンデマンド交通について、流山市ではキッコーマンアリーナについて、それぞれ学びました。

27535363_1180178695450104_1660396967_o プログラミング教育はパソコンゲームにのめり込む子どもを育てるのではなく、論理的思考力を育てるものであるということを再認識しました。

  20180128_123644  長男の幼稚園で行われた作品発表会の後に、西尾久七丁目南町会内で行われていた餅つき大会へ伺いました。

20180128_123646 お餅や豚汁などをいただいていたところ、次男のおむつの重量が増し、ズボンがずり落ちているのを発見。

 会館内のトイレを借りるにも、食品を扱っている会館内は衛生上の理由から立ち入り禁止となっています。

20180128_123632_007 困っていたところを役員の方のお宅をお借りしておむつを替えることができました。本当に助かりました。ありがとうございました。

 その分、餅つきのつき手として全力を尽くし、「フォームがいいね」「音が違うね」「各町会で鍛えられてますから」など、コミュニケーションを図ることもできました。20180128_123632_001

 超党派で開催している勉強会へ参加させていただきました。テーマはふるさと納税です。

27479986_1608310835917298_1865960259_o 東京都では約336億円が他の自治体へ寄付され、約140億円が控除されています。荒川区においても約3億6000万円が他の自治体へ寄付され、約1億6000万円が控除されています。都は140億円、区は1億6000万円を負担していることになります。

 一方で過度な返礼品競争が起こっており、ごく一部の自治体が潤っているという問題も、課税の公平性という観点から見ても問題ありです。また、本来であれば国が所得税控除として負担すべきものを地方自治体が住民税控除として負担していることも見過ごすわけにはいきません。

 特別区としても、「税の使われ方を考えるきっかけとなる」、「生まれ故郷はもちろん、お世話になった地域に、これから応援したい地域へも力になれる」、「地域のあり方をあらためて考えるきっかけ」という「ふるさと納税」制度の趣旨には賛同しており、東京を含む全国各地域が連携して発展をめざす「特別区全国連携プロジェクト」を推進し、各区においても各地域との交流に積極的に取り組んでいるところです。

 さらに勉強を重ね、特に23区の減収や不利益を解消していきたいと思います。

 埼玉県富士見市の事業について視察させていただきました。

19956955_1616378178440348_870004199153684401_o 手話言語条例については荒川区でも制定に向けた動きがあり、手話の資格や手話が通じるお店などについて勉強になりました。

 その他、デマンド型交通や観光大使と連携した取り組みについて、担当の課長さんから説明を受けました。

 雪の中、お時間をいただきありがとうございました。

20180121_104900 田端スカイハイツ自治会の餅つき大会へ、慶野都議とともに参加させていただきました。

 いつもとても好意的に受け入れてくださる三浦会長を始め役員の皆様、本当にありがとうございます。

 餅つきをした後にお蕎麦や御酒などでも体が温まりました。

 午後は尾久消防団始め式へ。

 葛飾区で行われた研修会へ参加し、マタニティパスや発達障害特性のある子どもへの支援について勉強しました。

26992637_1601965426551839_7951485870289370298_n 葛飾区では、平成29年4月1日以降に母子健康手帳の交付を受けた方へ、5,500円分をチャージした交通系ICカードを交付しています。

 妊娠すると体調の変化や不安などから外出することが少なくなったり、ある程度の妊娠期になると自転車なども利用できなくなり、妊婦健診などに行くにも不便という問題の解消をねらった取り組みです。

 また、「落ち着きがない」「動きがぎこちない」「興味に偏りがある」といった発達に課題がある子どもへ、適切な支援を行うことを目的とした5歳児検診についても伺いました。

 これに関連し、発達障害特性のある子どもを持つ親が、同じ立場の親へ相談する仕組みを作り、区で事業化したことが2017年のマニフェスト大賞で評価されたペアレントメンターという取り組みについて、足立区議会の長谷川議員にお話を伺いました。

ブログバックナンバー
カテゴリー別アーカイブ
サイト管理者
荒川区 菊地秀信
kikuchi621@hotmail.com