委員会行政視察2日目は京都市へ。日本初の中学校と保育所、賑わい施設等の複合施設として2006年3月にオープンした、京都市立京都御池中学校を訪問しました。

img01 公共が直接施設を整備せずに民間資金を利用して民間に施設整備と公共サービスの提供をゆだねるPFI手法によって建設されています。

 建物2~7階の校舎に併設して、1階に保育所、老人デイサービスセンターや地域包括支援センター、商業施設(賑わい施設)、地下に駐車場や災害応急用備蓄倉庫などを備えた複合施設です。

DSCN1525 まず率直な感想は「デカい!!」ということです。マンション建設によって生徒数が大幅に増え、当初は市役所の機能として活用していたフロアが、教室となっています。最初から大きめに作っているので、対応できるという効果が生まれていました。

 また、民間が管理しやすいように民間が作った施設なので管理コストも抑えることができます。荒川区でも民営化の良さを最大限に活用し、経費削減に努めてまいります。

コメントは受付けていません。

ブログバックナンバー
カテゴリー別アーカイブ
サイト管理者
荒川区 菊地秀信
kikuchi621@hotmail.com