行政視察最終日は岩手県盛岡市へ。市の街づくりの指針となる盛岡市総合計画について教えていただきました。

taisei 人口減少や少子高齢化社会の進行、東日本大震災を契機とした安全・安心に対する意識の高まり、様々に変化する社会情勢を踏まえ、これからの10年間をどう進んでいくかを体系的にまとめたものが本計画です。

 計画策定における取組について、特に私が心に残ったことが、市民参画の視点です。このような事業で大切なことは、冊子化するために労力を費やすのではなく、作成におけるプロセスに市民をいかに巻き込んでいけるかであると思います。

 その点、盛岡市の場合は多世代の市民が参加するワールドカフェの手法を取り入れたワークショップで、多くの方に盛岡市について考えてもらう機会を提供する過程を踏んでいました。

 せっかく作る計画です。たとえば自治体のために働く若い職員にも計画作成段階で大いにかかわりを持ってもらい、対話型で自治体の将来像について語っていただくというのも職員のモチベーションを上げることにつながると考えました。

コメントは受付けていません。

ブログバックナンバー
カテゴリー別アーカイブ
サイト管理者
荒川区 菊地秀信
kikuchi621@hotmail.com