荒川区議会公明党は、保育園の待機児童の解消を図るよう荒川区へ求めてまいりました。

 具体的には新たな認可保育園の整備や認証保育所の誘致、家庭福祉員(保育ママ)の増員等々です。

 また、認証保育所を利用する保護者に対しては、費用負担における不公平感を解消するため、認可保育園保育料との差額分を補助することを提案したのも公明党です。

 このような子育て支援充実策が実を結び、待機児童は他区と比べてとても少ない人数となっています。

 保育園等の定員数は平成16年と比べると約1.5倍、1500人分の保育環境を整備することができました。

 さらに来年度は350人分、再来年度は150人分の子ども達を預かることのできる保育体制を敷いてまいる予定です。

 荒川の未来を担う子ども達の健やかな成長を願い、公明党は子育て世代の皆様を応援しています。

コメントは受付けていません。

ブログバックナンバー
カテゴリー別アーカイブ
サイト管理者
荒川区 菊地秀信
kikuchi621@hotmail.com