不況の影響から子どもを預けて働きたいという女性が増加しています。

 これにより保育園に入りたいという希望を持っていても入ることのできない待機児童の問題が深刻化しており、来年度も区内の状況は好転が見られない見込みとなっておりました。

 この問題の解消のため私は、昨年の決算特別委員会で東京都独自の基準を満たした認証保育所をより積極的に活用するように区へ要望いたしました。

 認証保育所の利用料は5~7万円であり、保育園の平均利用料よりも3~5万円も高いことが利用しにくい大きな理由でした。

 しかし、来年度は保育園への入園が見送られた保護者が認証保育所を利用する場合、この利用料の差額を区が補助することを決めました。

 それが来年度主要事業の認証保育所等保育料負担軽減補助の拡大であり、予算額は3550万円です。

 待機児童解消のための認証保育所の積極活用は、私の選挙時における区民の皆様とのお約束であります。

 少子高齢化社会を乗り越えていくにあたってこれからも働く女性の子育て支援に全力を尽くします。

コメントは受付けていません。

ブログバックナンバー
カテゴリー別アーカイブ
サイト管理者
荒川区 菊地秀信
kikuchi621@hotmail.com