青森市の中心市街地の活性化には、現在の青森駅を建替する必要があるという認識は多くに方がお持ちだと思う。

JR東日本だけの力だけでなく、行政も含めて、どのような駅にすべきかを現在検討中である。

当然、公共の部分に、市民サービスをどのように付加するのか?また、観光客が素晴らしい本州最北の県庁所在地の駅に

するには、まだまだ議論が足りないようなきがします。

6月議会を含めて、しっかりとした議論が必要になります。

私は、鉄道という交通機関の利便性を考慮して、「青森の子供達の居場所」が必要と考えています。

4月7日、8日、には、仙台市の文学館、登米市の石森正太郎ふるさとミュージアムを視察して、子供

の居場所について考えて参りました。今後も多くの参考事例を確認しながら、青森市の子供達

の居場所について検討したいと思います。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
青森市 赤木長義
sanple@komei.or.jp