9月5日 「いじめの防止と根絶の対策強化を求める」要望書を稲村市長に申し入れる

大津市で、市立中学生がいじめを苦に自殺した問題をきっかけに、全国各地で次々といじめの実態が明るみに出ています。

大津市の問題は、いじめや暴力が放置され、いじめの心材を裏付ける一定の情報が、集まっていたにもかかわらず、その段階で適切に対応しなかったことに問題があったと指摘されています。今後このような最悪の事態が本市において起こらないよう、「いじめの早期発見、早期対応」のシステムを構築し、子どもを取り巻く最善の環境を目指し、いじめ防止と根絶の取り組みを強化するよう要望いたしました。

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
尼崎市 前迫直美
n-maesako@hcc5.bai.ne.jp