5月10日 朝10時から閉会中の文教委員会がありました。

会議では継続中の陳情審査 所管事務調査 協議会 協議会案件は尼崎市立幼稚園教育振興プログラム(素案)について 説明、質疑応答がありました。

素案については5月10日の産経新聞に記事が掲載されました。内容を下記に記します。

尼崎市、幼稚園18→9へ 市教委が素案、26年度に実施  記事抜粋

「少子化に伴い、幼児数の減少が目立っている尼崎市立幼稚園。その将来展望をめぐり、同市教委は、9日「市立幼稚園教育振興プログラム」(素案)を発表した。現在18園あるが、平成26年度には9園に減らすことを骨子とし、今後市民に説明、理解を求める。それによると全園で4、5歳児の複数学級を実現し、幼稚園教育の充実を図る一方、集約化で浮いた経費約1億8千万は教育振興策に充てる方針だ。今月中旬から幼稚園別に保護者向け説明会を開く。市内の3~5歳の幼児数は昭和48年の約3万人をピークに減少し、少子化の進行によって市立幼稚園は2年保育を求める声が高まり、2年保育を完全実施した8年にそれまでの24園から18園に再編された。現行(22年度)は18園の定員計2300人(73学級)に対し、園児数は1277人(53学級)と充足率はわずかに5割余り。このため、学識経験者らでつくる検討会が今後の市立幼稚園の機能や運営体制などを協議し、昨年11月に報告書を提出。市教委は報告書に基づいて同プログラムを作成した。市教委は今回の見直しで、小学校や家庭、地域と連携した幼児教育の推進をめざす。今後は保護者説明会市民からの意見募集を行い、9月市議会に条例改正案を提出する方針。26年度までに廃園予定の市立幼稚園は博愛、梅園、大庄、立花東、富松、武庫北、武庫南、武庫庄、園和ーとなっている。」

このような記事が掲載されました。

素案は市のホームページに掲載されています。またこの素案に対してのパブリックコメントの受付は、6月13日~7月4日までです。意見のある方は、市に対してコメントしてください。

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
尼崎市 前迫直美
n-maesako@hcc5.bai.ne.jp