Archive for 2011年 1月

1月30日 稲村市長の新春の集いに参加しました。珍しく市長は御着物で登場、挨拶もノー原稿で自分の言葉でしっかりと今後の抱負など語っておられました。本当に若いのに落ち着いてご自身の思いを語られるなーといつも感心しています、2月3月は市長になられてのはじめての予算の本会議、市長にとっても議員にとってもこの予算のときが特に頭の痛いときです。しっかりと取り組んでまいります。

今週は、久しぶりにつくりました。子どものリクエストにより和風です。ひじきの五目煮、たけのこのきんぴら、牛肉ごぼう、豚汁などなど

議会運営委員会で三重県四日市、岐阜県多治見市に視察に行ってまいりました。調査内容は「議員提案の政策条例について 市議会モニター制度について 正副議長選挙における立候補制度の導入について 議会基本条例について」です。かぎられた時間ではありましたが、多治見市では当時 議会基本条例、制定に携わった市議会議員のかたが3名

直接説明に来てくださり、より具体的な意見も多くお聞きすることができました。先進的に取り組んでいるところを勉強するにつけ本市においてもよいところをいかにして取り入れることができるか、取り組んでいけるか勉強になります。今後に生かしてまいります。

1月24日 尼崎商店連盟の新春年賀会に参加しました。

西武庫公園は、なくなりません!

課題は、県・市の役割分担からどのような公園にしていくかです。

市民のかたから「交通公園がなくなるって本当ですか」とよく聞かれます。11月19日の神戸新聞には「県の第2次新行革プランの素案で、県立都市公園4か所は市町への移譲交渉がまとまらない場合は廃止するーとの方針がしめされたことが18日、県議会建設委員会で取り上げられ、県議から「利用者の多い公園なのに廃止は乱暴ではないか」との異論が相次いだ。中略 市町との交渉が決裂した場合の対応を問われた県は「県立公園としては廃止するが、どのように維持できるかを市町と協議していきたい」と述べるにとどまった。との記事です。

都市公園法では、公園そのものをみだりに廃止できないとなっています。これまで本市において過去に公園を廃止したことはありません。私たち公明党は、年間60万人以上が利用されている公園を廃止することには断固阻止してまいります。運営が兵庫県でされるのか、尼崎市でされるのか、今後議論を尽くし市民の憩いの交流拠点である西武庫公園を守って参ります。

 
 
 
 

道意連協新年賀会に参加しました。道意連協は地域でできることは地域でと皆様が本当に団結して協同のまちづくりに頑張っておられます。いつも本当にありがとうございましす。

本日は午前中は文教委員会があり陳情審査を行いました。午後からは、中央公民館長と面談、その後党勢拡大に走りました。

尼崎各県人会連合会の新年互礼会に参加いたしました。私は鹿児島県県人会に所属しております。県人会のかたにはいつも暖かい励ましをいただき本当にありがとうございます。

井戸知事に「子ども医療費助成拡充」の署名簿をお渡ししました。尼崎市だけで42809人のかたがたがご協力していただきました。本当にありがとうございました。

朝は小型宣カーに乗り街宣活動、午後からは、議員研修会がありました。テーマは「分権時代における地方議会について」で、講師は全国市議会議長会 法制主幹 本橋謙治氏です。現在の地方議会の取り組む課題がよくわかりました。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
尼崎市 前迫直美
n-maesako@hcc5.bai.ne.jp