Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
尼崎市 福島覚
s-fukushima@hcc5.bai.ne.jp

Archive for 2017年 3月

3月26日定期大会に出席しました。
会長より、障害の進行による住み替え問題と、障害者にとって65才という大きな節目が、今後大きな課題となる旨のお話がありました。

障害者差別禁止法が施工され、今後障害者の皆さんが安心して暮らせるまちつ゛くりにがんばります

・保育の量確保事業   園田方面に90人定員の保育所の新設

・保育専門相談員(コンシェルジュ)の配置

・病児病後時保育の拡充 3ヶ所→4ヶ所に拡充

・認知証初期集中支援チームの設置

・障がい者用 地上デジタル対応ラジオの追加

・ピロリ菌検査助成

・観光地域づくり推進 尼崎版DMOの設立

・尼崎城再建にあたり、一枚瓦寄付金の実施

・老朽危険空き家等除却補助制度の創設

平成29年度予算議会 (3月24日本会議)にて阪急園田駅のエレベーター設置が決定!

平成29年着手、31年度工事完了予定です。

バリアーフリー法では、1日の平均乗降客数が3,000人以上であり、駅員の介助が必要

な鉄道駅舎については、エレベーターを設置することが義務付けられています。

 現在、阪急園田駅については1日の平均乗降客数が約35,000人ですが、現在のエレ

ベーターは各階の停止位置が連動しておらず、改札の内外で分離しているため、利用の都度

備え付けのインターホンで駅員を呼び出し、作動をしてもらわなければなりません。

 このようなことから、私の元に高齢者や車椅子利用の方、ベビーカー利用の子育てママから

バリアーフリーのエレベーター設置を望む、多くの声が寄せられていました。

私は、このことを重く受け止め、下記の行動を起こしました!

 

 H22年4月   阪急電鉄㈱に行き、エレベーター設置を要請

H24年6月   市議会一般質問で市長に対してエレベーター設置を質問

           当局の答弁 「今後鉄道事業者が、国の補助を活用して早期にエレベーター

                    設置がなされるよう粘り強く協議を重ねていく」

H25年11月  市議会公明党より、市長に対して、エレベーター設置の要望を盛り込んだ

          「次年度予算申し入れ書」を提出

H26年9月   同上

H27年9月   同上

          市議会一般質問で再質問。

          当局の答弁 「バリアーフリー化ができるだけ早期に進むよう取り組んで生きたい」

                   「エレベーター設置に伴う、市としての応分の負担について、

                    庁内調整を進めて生きたいと考えている」

                                  ↓

 H27年12月  「阪急園田駅へのエレベーター設置についての陳情」採択

H29年3月   本会議 阪急園田駅エレベーター設置 着手決定!

           H29年~H31年度完了予定

 

長年の取り組みが、カタチになって、本当にうれしいです!

 

 

 

 

 

H29.3女性街頭

 

3月20日(祝)JR尼崎駅前にて、

「国際女性の日」と「女性の健康週間」を記念する

公明党兵庫県本部女性局の街頭演説会を行いました!