Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
尼崎市 福島覚
s-fukushima@hcc5.bai.ne.jp

Archive for 2011年 3月

3月20日(日)午後1時~2時 JR尼崎駅と阪神尼崎駅前にて東日本大震災被災者義援金募金活動を行いました。

短時間でありましたが、合計3,275,850円の募金のご協力がありました。

東日本大震災被災者支援の会として日本赤十字社を通して被災地へお届けいたしました。

ご協力いただきました皆様のまごころ本当にありがとうございました。

被災者の皆様が1日も早くお元気になりますように!

1日も早い復旧、復興を心からお祈り申し上げます。

3月16日会派の総括質疑が行われました。

防災対策、学校耐震化、行財政問題、健康福祉、市民サービス、教育、環境など質してまいりました。

東日本を襲った巨大地震、M9.0の最大級。宮城県警は県災害対策本部で犠牲者について「万人単位になることは間違いない」とのこと。

犠牲者の皆様のご冥福を心からお祈り申し上げますとともに被災者の皆様の一刻も早い救出とご無事をお祈り申し上げます。

今回の大震災は過去100年間で死者、行方不明者が10万人を超えた1923年の関東大震災に次ぐ大惨事になる見通しとのこと。

地震発生後、公明党は山口代表を総合本部長、井上幹事長を本部長とする対策本部を直ちに設置し、総力を挙げて

大災害に取り組むことを確認しました。

未曾有の大惨事に与野党一致して、国家挙げての取り組みが必要です。

尚、尼崎市においては消防局 、水道局職員を派遣。保健師等の派遣については兵庫県と調整中です。 

3月7日、予算特別委員会が設置され8日から3日間、分科会にて活発な質疑が行われました。

来週からは総括質疑が行われます。

2月21日~3月25日(会期33日)第11回定例会がスタートしました。

H22年度補正予算、H23年度当初予算及び当該予算関連議案について審議いたします。

3月4日公明党の代表質疑の内容は次の通り

○市長の政治姿勢について

○行財政改革、まちづくりについて

○福祉関連について

     ・福祉の在り方について

     ・自立支援プログラム

○健康関連

     ・ヘルスアップ事業

     ・子ども医療費助成制度拡充

○住民自治について

○環境問題について

○産業振興、雇用問題について

○教育問題について

○文化芸術について

○市バス事業について

○競艇事業について

○保育所待機児童について

○県立西武庫公園について