・日本の総理は、高らかに”脱原発”をうたった。

しかし、閣内では充分な議論がなされてない。

日本という国は、ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ

被爆国と構図のように描かれていく。ヒロシマ

ナガサキと、フクシマは違うという。しかし、次々と明るみに出てくる

「内部被爆」の報告。被爆量が違う、かたや”原子爆弾”かたや”原発

事故”誰かが反論する。それは「第三者の理論」で、被災地の方々、

特に幼少の子供たちを持つ親御さんにとって”安心・安全”とはとても

思えない。ある学者は安全といい、またある学者は危険という。報道も

両極にある。一日も早く、お母さんの不安を解いてあげたい!

 

コメント投稿

Twitter
外部リンク
サイト管理者
愛西市 竹村仁司
abc@def.ghi