・信長の「非情な一面」として”宗教弾圧”が上げられる。比叡山での

 所業などはよく引き合いに出される。

 しかし、信長自身は仏教自体を嫌っていたわけではない。当時の僧

 というのは、ある面「武装集団」とかしていた。組織的にも巨大化し

 教理をかざして信長の政策に異論を唱えた。腰に刀を携帯し、暴動の先陣を切る姿は、およそ聖職者と呼べる者ではなかっ

た。いわばこの時代にはじめて”政教分離”ということをおこなった初めての武将である。信長の信仰心というのは強いものが

あったと推測できる。そして、キリスト教の布教を認めたり、世界観と寛容の精神を持ち合わせていた。

 信長を理解する1つのエピソードとして、彼は「地球は丸い」ということをいち早く理解できたという。

コメント投稿

Twitter
外部リンク
サイト管理者
愛西市 竹村仁司
abc@def.ghi