・あまりにも大きな被害をこうむった「東日本大震災」。あれから早、1カ月が過ぎた。

 未だに行方のわからない家族を捜す被災者の方々。到底現実を受け入れられない人々。

 いつ終息するのか当てのない”原発事故”さらなる非難勧告に「村を倒産させて逃げ出すのか!」と村長に詰め寄る村民・・・。

 先の見えない被災地の人々。莫大な保証問題、仮設住宅すら充分に建てられない。被災者の方々も疲労の限界にきている・・・。どうする日本、総理には未来が見えているのだろうか?

 各国から寄せられる義援金、救援物資、ボランテァ、激励のメッセージ、「かんばれ!日本 がんばれ!東北」 今こそ人と人とが支え合い・助け合って生きる社会の実現の時だ。そして、それが「地球民族主義」の始まりとなる”日本の使命”だ!

 

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
愛西市 竹村仁司
abc@def.ghi