・織田家の祖先をたどると、越前の「劔神社」に行きつく。

 織田家の祖先は”神官”であったようだ。信長が神がかり的なのも解かるような気がする。

 人は自分の先祖を知りたがる。時として「家系図」なるものをつくり、妙に納得するものだ。

 血統というものは、かなり深い繋がりがあるように思う。しかし、それを活かすか殺すか、所詮、その人の生き方次第ではないか?

 持って生まれた天分も”宝の持ち腐れ”という言葉もある。ただ織田信長に関しては、その血を十二分に活かしたいえると思う。

コメント投稿

Twitter
外部リンク
サイト管理者
愛西市 竹村仁司
abc@def.ghi