・愛西市には、素晴らしい歴史的遺産があった。

 織田 信定(おだ のぶさだ、信貞とも)は、戦国時代初期の武将。織田大和守家即ち清洲織田氏の家臣。清洲三奉行の一家「織田弾正忠家」の当主。尾張国勝幡城城主。織田信長の祖父である。

 

 信定は勝幡城を築城し、当時、港であった津島を平定し、清州への重要な拠点とした。そして、その息子である信秀(信長の父)は、さらにその勢力を拡大し、尾張地方の統一を成し遂げた。

 信長には、間違いなく信定(祖父)、信秀(父)の3代にわたるDNAが流れている。俗にいう、単なる大うつけではない。現在、放送中の大河ドラマ『江』では、その一端が描かれているように思う。今後が楽しみではある

コメント投稿

Twitter
外部リンク
サイト管理者
愛西市 竹村仁司
abc@def.ghi