・信長の性格は複雑怪奇といわれる。その一つに、突き抜けた覇気が上げられる。本来、メンタルなものなのに、彼の場合は、高い身体能力と関係があるのかもしれない。信長は、16歳から18歳にかけて、積極的に武技にその身をおく。その様子は信長広記にも描かれている。

 どの様な武将も天下人にも必ず”親なくして子は生まれない”信長もそうだ。彼は私たちと同じ郷土でうまれ、477年前の愛西市を見たのだ。

 この当時の親子関係は、いかばかりのものか?計りしれない。「義」のために戦い、たとえ親兄弟といえども”大義”の前では死あるのみ。上杉謙信は、”義の為に生き、義の為に死んだ”

 信長はどうだろう?彼の”義”とは?信長の死は何を残したのだろう?」

“ODA 6”に コメントが1件あります。
コメント投稿

Twitter
外部リンク
サイト管理者
愛西市 竹村仁司
abc@def.ghi