・移民の多くはカリフォルニアの農場での労働に従事した。低賃金の労働であったが、アメリカで数年働けば、日本で土地が2~3町歩(約1ha)買えたので、日露戦争のころまで移民は続いた。

 勤勉な日本人は、大切な労働力として必要とされカリフォルニアでは日本人のコミュニティーが出来上がった。

 1912年(明治45)、北米愛知県人会が結成され、日本人社会は強固になっていくが、1924年(大正15)には排日移民法が制定され、日本人のアメリカ入国が禁止された。太平洋戦争に入ると、日系人は強制収容所に収容され、全財産を米国政府に没収された。

 近年になって、歴史に対する認識度の違いが指摘されている。日清・日露戦争は、本当に侵略戦争だったのか。世界の動向とアメリカの動き、そして、ソ連に中国。日本の立場は、どうあるべきなのか。歴史はさらに問いかけてくる・・・。 

 

“サクラメント 2”に コメントが1件あります。
  • ホッテル・カリの家:

     こんなに昔から、移民の歴史があったとは・・・。近くて 遠い 我が町のこと

コメント投稿

Twitter
外部リンク
サイト管理者
愛西市 竹村仁司
abc@def.ghi