バックナンバー 2012年 7月

 7月19日(木) 群馬県藤岡市の高齢者筋力トレーニング事業を見学してきました。藤岡市は平成13年からこの事業を始め、約3割~6割の方で体力が維持・向上し、75歳以上の参加者については約6万1千円も未実施者との医療費の差があるとのことでした。実際に中栗須地区の筋力トレーニング教室に参加し、中級コースを参加者の皆さんと一緒に行いましたが、結構きついです。
ワンクールおよそ25分くらいで私たちはワンクールでやめましたが、参加者の皆さんはこれをもうワンクール行っているそうです。腕や足に重りをつけて負荷をかけて行っている方もおり、運動機能の向上するのも、うなづけます。
最近、健康寿命という考え方が話題になっています。足立区でもパークで筋トレなど様々な事業を行っていますが、参加者数や継続性などこのような事業のきちっとした評価と見直しを行っていかなければならないと感じました。

 7月22日(日)午後に都立城北特別支援学校で「足立区障がい者夏祭り」に参加してきました。
天気模様が少し心配でしたが、それを吹き飛ばすような熱気でたくさんの方が参加されて大変にぎやかなイベントでした。
役員の方々、関係者の皆様、大変にありがとうございました。

 6月26日に公明党区議団は足立消防署を訪問し、配備されている消防バイクを見学しました。公明党は木造密集地域の初期消火対策として導入を本会議でも訴えてきたものです。消防バイクにもいち早く現場に駆けつけ、後続隊への連絡を目的とするものや、タンクを積んで初期消火が可能なバイクもあります。足立消防署にあるバイクもそれぞれ1台ずつ計2台配置されています。消防バイクも最近は消火能力を高めたタイプもあって、今後は各消防署に配備していければと考えています。
また、スタンドパイプを使った消火作業も見せていただきました。上水道には工事用に水抜き栓が各所に設置されており、これにスタンドパイプを接続すれば、消火作業を行えます。地震で断水してしまえば、使えないのですが、これも木造密集地域の初期消火に役立つものと考えています。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
足立区 佐々木雅彦
sasa17562008@yahoo.co.jp