バックナンバー 2012年 10月

 10月27日(土)~28日(日)間、足立区役所において「地球環境フェア 来て、見て、体験!エコワールド」が開催されました。地球環境保護のため、エコカー乗車体験、人力発電アトラクションの他、らんま先生eco実験パフォーマンス、多くの出店ブースを構え、多くの来客で賑わっていました。

 平成24年第3回足立区議会定例会が34日間に渡って開かれ、平成23年度足立区一般会計歳入歳出決算など、多くの法案の審議が行われました。その中でごみで近隣に迷惑をかけているごみ屋敷(注)のごみ撤去費用の支援条例が可決されました。この条例では、個人名の公表、強制撤去だけでなく家主に費用がない場合には100万円(上限)を区が支援するものです。多くのマスコミが議会に傍聴していました。最後に足立区長からは、挨拶の中で竹ノ塚駅周辺の立体工事にふれ、10年間の工事後には当区の北の玄関にふさわしい街になるように進めていく決意を語りました。

(注)ごみ屋敷とはごみや樹木などにより、周辺住民の健康を害し、生活環境に悪影響を与えるものをいうとしています。

 10月22日(月)生活保護・高齢者生きがい対策調査特別委員会で14時半、「新型自立支援センター文京寮」の現地視察をしました。これは今後、足立区でも自立支援センターを設置することを受けて文京区の同センターの状況の勉強をしてきました。文京寮は平成22年に開設して緊急一時保護(入所~1ケ月以内)と自立支援(緊急一時保護から移行 最長で入所~6ケ月以内)があり、現在までの累計入所者数は793名の方々が巣立っていった説明を受けました。入所者年齢構成は20歳台~70歳以上まで幅広い構成になっていました。1日でも早く自立できるように応援が行われています。

 10月21日(日)14時から町屋駅周辺で「がんばろう日本!町屋から元気に」と鼓笛隊(創価シャイニングスピリッツ)の行進がありました。町屋駅前通りは鼓笛隊を見ようと多くの方々が足をとめ関心を持って行進を見守っていました。鼓笛隊の演奏曲を暗い社会を吹き飛ばすような楽しい曲でした。

 毎年恒例の「タートルマラソン大会in足立」が雲一つない絶好のコンデションの中、荒川河川敷(虹の広場)から10時ジャストの号砲で多くの健脚がスタートして行きました。最前列がスタートして10分経っても未だスタートできず待っているランナーもいるくらい12,500名(応募者は15,000名)という大勢のランナーが日頃の練習の成果を発揮していました。

 10月21日(日)9時より東京都中央卸市場足立市場において足立区制80周年を兼ねた恒例の「2012ふれあい市場まつり」が行われました。旬のマグロ解体ショー、魚介類の活きがよく通常値より安い魚介類の販売、千寿揚げ試食など、多くの販売が行われ、多くの来客の方々訪れ、買い物などに楽しんでいました。

 10月13日(土)~14日(日)荒川河川敷(虹の広場)において、足立区の秋のイベント(あだち区民まつり:A-Festa)が開催されました。ステージゾーン、エキサイティングゾーンなど、子どもを含めた家族が楽しめるイベントでいっぱいでした。特に「ゆめ桜」のコーナーでは、多くの方が関心を示し、様々な夢を桜に託していました。その後、第34回、足立の花火が開催されました。今回、区制80周年を記念した行事の一環として4部構成になっておりました。第1幕「明日に向かって」から第4幕「手をとりあって」まで短時間(1時間)で多くの観客を魅了しました。

 10月6日(土)10時半より千寿本町小学校において「おいしい給食&食育フェスタ」のイベントを見学しました。お昼頃までに3,500名の多くの方が訪れ、給食試食体験会、朝ごはんコーナーなど親子で食生活を楽しく体験して学べるイベントになっていました。おいしい給食を通して親子のふれあい、語り合いは良いイベントになっていると思いました。

 10月1日(月)台風一過の中、14時より庁舎ホールにおいて、区制80周年記念特別表彰、平成24年度足立区功労者表彰が行われました。本年は通年の功労者表彰に加え、区制80周年を記念した特別表彰も同時に行われました。永年の区への功労に376名の方々が受賞されました。今回の表彰式では最初にピアノによる演奏(長谷氏)が表彰をさらに色調高く思い出の式典になりました。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
足立区 飯倉昭二
kuraa@sa.dcns.ne.jp