バックナンバー 2012年 5月

 5月27日(日)絶好のコンディションの中、9時より千住やっちゃ場において「千住消防団操法大会」に団員として参加致しました。日頃の練習の成果を思う存分各分団の団員の方々が発揮していました。今回、順位は第5分団の順位は総合減点64点で5位でした。この操法での訓練が「いざ」という時、消防署と連携した初期消火に役に立つ重要な任務です。

 5月23日(水)18時半より2時間に渡って慶應義塾大学三田キャンパスにおいて「神経内科と鍼灸医療の邂逅(鍼灸医療の将来像)」を聴講致しました。挨拶後、演者(天野先生:社会問題となる認知症患者の推移/予防としての鍼灸医療、川並先生:高齢社会における鍼灸師の役割/認知症Gold-QPD育成講座、植松先生:統合医療の将来像と鍼灸)による講演を興味深く聴きました。特に高齢社会においては認知症への対策は個人と家族だけでフォローできるものではない。街ぐるみの支援活動が重要なことを川崎市の取り組みを通して勉強させていただきました。

 5月22日(水)あいにくの雨が降る中、9時半より荒川左岸河川敷において「平成24年度足立区・第六消防方面総合水防訓練」に参加させていただきました。訓練プログラムは指揮旺盛下で行われた土のうを使用して越水を防止する「積み土のう工法」、鋼板等でマンホール等からの噴出を防止する「マンホール噴出防止工法」水難救助活動など見せていただきました。このような「いざ」との時に役立つ訓練の充実に目を見張るものを感じました。

 5月21日(月)7時40分北千住駅東口交通広場において932年ぶりの「金環日食(太陽の中心部が月に隠れて指輪のように輝くこと)」の撮影に成功しました。1987年の沖縄以来25年ぶりの金環日食に大変に神秘的な現象に感動しました。

 5月19日(土)絶好のコンデションの中、地元地域の廃品回収に参加しました。1カ月に一回、回収してしますが、ダンボール、新聞紙、雑誌で山となりました。集めれば資源、捨てればゴミとなります。貴重な資源を大切に使っていきたいと思います。また「千寿桜堤中学校第8回運動会」が開催されました。運動会のスローガンは「それいけ!運動会!Never give up ~ 勝利をつかむまで ~」です。学年別全員リレーは校庭が応援の一体化した雰囲気でとても感動しました。

 5月18日(金)足立区千住1丁目で火事がありました。出火は16時過ぎ、消防署員、消防団の尽力によりケガ人はなく無事に鎮火致しました。

 5月28日(月)18時~19時30間、天空劇場において開演予定の「えんチャレ 天空寄席(無料)」が開催されます。出演者はニックス、コンパス、世界少年、カントリーズ、けいいちけいじ、流離!チョコレート球団、カオポイント、中津川弦、キラーコンテンツ、チックタックプーン、あげものわっしょい、中村千葉などです。眺望のよい天空劇場で若手芸人が競いあります。当日会場にて先着順にて受付されます。ぜひ、会場に足を運んで若手芸人による公開練習を応援してあげて下さい。

 6月9日(土)~10日(日)においてしょうぶ沼公園・都立東綾瀬公園で恒例の「しょうぶまつり」が開催されます。しょうぶ沼公園において約140種、約8,100株のハナショウブが咲き誇ります。また同時にスタンプラリー(スタンプポイントは4箇所ありすべてのスタンプを集めると完歩賞進呈)、抽選会が行われます。多くの来場者が予想されます。ハト公園では①今日からできる「ビューティフル・ウィンドウズ運動」、②大道芸人のパフォーマンス、③マクドナルドドナルドショー、④健康体力測定・ニュースポーツにチャレンジ、⑤地域のちからで成功させよう!!2013東京国体PRなどです。ぜひとも来場をお持ちしております。

 5月12日(日)10時よりエルソフィアにおいて「第8回ダーツ1010支部スポーツ吹き矢大会」に参加しました。参加者は約250名程の中で8mの部と団体に出場しました。結果は点数は102点で(23、25、27、25)で安定的な点数で全体での順位は75位でした。また団体戦では予選で1回戦で敗退してしまいました。まだまだ練習が必要だと痛感しました。

 5月13日(日)晴天の中、9時より千住本町小学校において「千住五町会 避難所訓練」が行われました。約2時間においてA班とB班に分かれ、震災関連のDVD上映、AED、三角巾の応急救護訓練、災害時要援護者用避難資機材取扱要領、起震車体験及び煙体験、初期消火の発災対応型訓練、消防団により放水演技などが行われました。参加者からは今までの消防訓練よりもより実践的なものだった、頭で考えていることと、体験してみると大きな違いがあった。災害に対するビデオが良かった、煙の体験はバニラの臭いだった、煙の中を歩くのは大変だったけど良い体験ができた。煙の中では呼吸を止めるといずれ深呼吸しなければいけないので、呼吸を止めるのではなく、ハンカチ等で口、鼻を押さえて少しづつ呼吸をする、消火器での実際の火を消した体験、炊き出しの器材を見るものは初めてでしたなどでした。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
足立区 飯倉昭二
kuraa@sa.dcns.ne.jp