バックナンバー 2011年 3月

 3月31日(木)千住橋戸町にあるプチテラスに由緒ある大名行列の絵が展示されました。従来は千住3丁目のプチテラスに展示されていたものを移動したものです。やっと皆さんにお見せすることができました。

障がい福祉課 各福祉事務所は人工呼吸器のバッテリー給付事業について次のように取り扱われます。なお詳細については足立区役所で確認して下さい(℡03-3880-5111)。よろしくお願い致します。

1.目的 

人工呼吸器使用者が必要とする人工呼吸器バッテリーの給付により安定した在宅生活を図ります。

2.対象者

医師の指導により在宅で人工呼吸器を使用している者で耐用年数内のバッテリーを持っていない者です。ただし区市町村民税(所得割)46万円以上の方がいる場合は対象外です。

3.給付品目と金額

人工呼吸器蓄電装置(外部バッテリー) で上限額18万円です。

4.自己負担

物品価格の1割を負担します。ただし非課税世帯、生活保護世帯は負担はありません。

5.給付対象地域

計画停電エリアです。

6.終期

平成24年3月31日まです。ただし電力供給の状況によっては、それ以前に事業を終了します。

(資料提供:障がい福祉課 各福祉事務所)

 3月29日(火)東日本大震災に対して、「足立区から相馬市へ支援物資」を4㌧トラックなど4台程で区議会として届けました。当区は福島県相馬市と災害時相互応援協定を結んでおり、地震翌日(12日)には物資(毛布、カーペット、ミネラルウォーターなど)の輸送をした経緯がありました。相馬市の現状は大変にひどい状況で、6号バイパスが壁になって津波をくい止めたそうでした。また高さ15mの橋が2回目の津波で崩壊したそうでした。相馬市長からは「足立区の皆さんに応援して下さり、ありがとうございます。」との御礼の言葉を頂きました。今後とも区議会としてもしっかり支援していきたいと思っております。

 3月27日(日)東京武道館で受け入れた被災者数は127所帯304名(当初より239所帯561名)です。今後ともしっかりと被災者を守っていかなければいけないと思いました。また東京都中央卸売市場足立市場関係者による「ねぎま鍋」の炊き出しが行われました。この鍋は江戸時代に愛されたネギとまぐろが材料となった鍋で避難者を温めていました。さらに明日の28日から足立区による「足立区避難者支援センター 足立区綾瀬3-20-1 ℡5697-1116」を開設します。避難者の居住地の確保などの相談にのります。このセンターではボランティア活動の申し出も受け付けるそうです。

 3月25日(金)快晴の中、10時より千寿本町小学校卒業式に参加させていただきました。今回、大震災直後の卒業式には100名の卒業生が力強く自身の希望を発表したり、元気な歌声に感動しきりでした。

 3月24日(木)企業からの申し出があり、飲料水の寄贈に立会いました。昨日からの報道で、今日の朝早く、会社の社長から「区の皆様のお役に立ちたい」との思いに感動し、区へ話しをし、実現の運びとなりました。1200本の水は有効に使われるとのことで、社長さんも喜んでいました。今日から乳児がいる家庭に配布されます。

足立区はこの度の東日本大震災に伴う期間限定(平成23年3月23日(水)~平成24年3月30日(金))の災害復旧資金の貸し付けを行うことになりました。詳細は下記の通りです。

                   記

1.融資対象者

 以下の要件を全て満たす方が対象となります。

①1年以上継続して事業を営む中小企業者

②足立区内に1年以上住所 (法人は本店または支店登記) を有すること

③保証協会の保証対象業種を営み、営業に関し必要な許認可を受けていること

④区民税 (法人都民税) その他税金の未申告・滞納がないこと

東北地方太平洋沖地の影響により、区市町村長等が発行するり災証明を受けた区内中小企業者で事業再建のため経営資金が必要であること

2.貸付内容

・1000万円 (運転資金・設備資金)

 受付期間中の申し込み回数制限はありませんが、既に利用された緊急経営資金「災害復旧資金」の残高との合計が1,000万円を超える申し込みはできません。(緊急経営資金「特別運転資金」の残高は除く)

◎融資期間

・金融機関にご相談ください。 (10年以内 「据置期間1年以内を含む」 )

◎貸付利率

・金融機関が定める利率(固定金利) 

◎利子補給

・利子補給期間 5年間 全額利子補給(3%を上限)です

※本融資の取扱いは、足立区中小企業融資取扱金融機関に限ります。

※本融資の実行には、金融機関と信用保証協会の審査がありますので、融資が実行されない場合もあります。 

尚、受付窓口・貸付詳細については次まで問い合わせをお願いします。

足立区中小企業支援課経営支援係(足立区千住1-5-7あだち産業センター2階)

  ℡3870-8404

 3月20日(日)北千住駅において北日本大震災への「募金活動」に参加させていただきました。約2時間で真心の募金が集まりました。これは、日本赤十字を通して被災地の方々に役立ててもらいます。そして足立区役所の1階において地震による建物被害の相談会が行われました。3月12日現在では、重傷4名、軽症17名、外壁などの落下46件、水道管破裂17件、火災1件です。建物などの被害は、ブロック堀倒壊、屋根瓦落下、マンション倒壊の恐れ、銭湯の煙突にヒビなどです。休日にもかかわらず多くの方々が相談に訪れていました。

 3月20日(日)北千住駅西口のバス停(鹿浜五丁目団地行き)に屋根が設置されました。従来からバス待ちの方から強い日差しや雨天時対策として要望を受けていて、この度、バス停上に屋根の設置が完了しました。地域の方々からも喜びの声を広がっています。

 3月18日(金)東日本大震災の影響が残る中、10時より第一中学校の卒業式に参加させていただきました。本年は82名が巣立ちました。今回は余震が続く中での心がこもった卒業式でした。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
足立区 飯倉昭二
kuraa@sa.dcns.ne.jp