バックナンバー 2010年 2月

2月23日(火)足立区第1回定例会、平成22年度予算案予算委員会が始まりました。平成22年度の足立区の総予算案3,756億円の審議 を中心に様々な角度から質疑が行われます。当区の区財政を巡る厳しい環境にあります。しかし、日暮里・舎人ライナーの開業、帝京科学大学、東京電機大学の 進出などにより足立区が飛躍できるチャンスでもあります。「それでも輝きを放つ足立をめざして」をテーマに「子ども」「くらし」「まちづくり」の未来を重 点プロジェクトとして推進して行きます。

2月20日(土)東京ドームに開催されている「世界らん展」を見学に行きました。世界中のらんが集められており、しかもらん特有の香りが東京ドーム一杯に満ち溢れていました。「らん」の種類も豊富で、人の手間でこのようになるのかと関心してしまいました。

2月19日(金)13時半、帝京科学大学千住キャンパスにおいて、本年4月の開学に向けての施設見学に参加しました。この場 所は、元々、千住元宿小学校の跡地に建てられ、北千住駅からも近くにあり周辺環境も充実しています。ここから、スカイツリーも良く見えるロケーションにあ り大人材が輩出してくれることを期待して学校を後にしました。

2月18日(木)10時より区役所内の中央公園脇において「東京江北ロータリークラブ創立50周年記念植樹式」に参加しまし た。この桜の品種はヤエベニシダレと言います。参考文献(日本の樹木、日本花の会ホームページ、花の仲間調べホームページ)によると、桜の系統はエドヒガ ン群に属します。エドヒガン(江戸彼岸)のうちで枝垂れ性のものがシダレザクラ(枝垂れ桜)、そのうちで紅色の強いものがベニシダレ(紅枝垂れ)、さらに 八重咲きをするものがヤエベニシダレ(八重紅枝垂れ)である。シダレザクラは、花びらが5枚なので、それに比べると、ヤエベニシダレは花色も濃く、一層優 雅であります。植樹式は約30分で終了し、別室で食事をしながら懇談して全て終了致しました。掲載した写真は、植樹式(本日)、桜の移設時(2月15 日)、桜を選定するために矢板まで行った時(平成21年12月1日)です。

2月14日(日)朝、荒川河川敷において「さわやか第15回全日本一輪車駅伝大会」が開催されました。昨日からの雨もあがり、寒さも引け、快適な天候の下で多くの観衆の中で行われました。日頃からの練習の成果がいかんなく発揮されていました。

2月12日(金)19時より「大志会」にて踊りの稽古をしました。中々、頭の中での理解と体の動きとがアンバランスで苦労しました。その後、ガーディアン・シップ双葉の「青パト」による夜間パトロールに参加しました。今夜も何らの事故・事件なく終了しました。

2月5日(金)18時半より東武菜苑において三田会新年会が開催されました。今回は新会員が20名以上の参加があり、例年以上に盛り上がりを見せた新年会になりました。やはり、新会員がいる会は活気が出てくるものだと感じた次第です。

1月5日(火)夜、千住5丁目交差点での事故に起因して交差点上の道路に「飛び出し注意」喚起の表示をさせていただきました。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
足立区 飯倉昭二
kuraa@sa.dcns.ne.jp