バックナンバー 2009年 11月

 11月29日(日)、午前中は柳原でのもちつきに参加し、次に「あだっちボール大会」を応援に行きました。その後、12時45分より銀座数寄屋橋公園において「とうきょう農業フェスタ」が盛大に行われ、都市農業で収穫された大根、ブロッコリーなど野菜などをPRしていました。読売新聞によると「23区の農地面積は約686ヘクタール(2008年)だが相続税が多額になることなどから、宅地化が進み、15年前に比し半減している」と掲載されていた。この主催は世田谷区、目黒区、大田区、中野区、杉並区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区及び江戸川区の10区でした。展示会、アンケートなど盛りだくさんの中、各区のご当地キャラクター(ちなみに足立区は温暖化対策キャラクターのミリー・ドリー・リリー)も応援にかけつけ、農業を勉強する機会を得られたことが良かったです。

 11月26日(木)16時頃、荒川土手沿い周辺(大川町)で車の横転事故がありました。詳細は不明ですが、安全第一を心がけなければと思いました。

 11月24日(火)18時半より、三田会主催のお茶会に出席しました。今回は炉開きでのお茶会で濃茶の深い味わいに楽しみました。その中で「花入れ」は利休作の竹一重切物でした。400年の間、持ち続けた物にあらためて感動しました。

 11月21日(土)14時に千寿常東小学校に行われていた学習発表会に行き見学させていただきました。午前の部の舞台発表には都合により出席できなかったのですが、展示会発表には間に合い、楽しく児童達の作品を鑑賞しました。その後、夜、カラオケ会に出席し楽しいひと時を過ごしました。

 11月19日(木)14時より庁舎ホールにおいて平成21年度環境づくり区民大会が開催されました。表彰された団体・個人は・足立区花いっぱいコンクール団体・門掃き支援事業推進団体・廃棄物減量推進者・地球にやさしいひとのまちポスターなどに関するものでありました。地球にやさしいひとのまちとして温暖化対策、美化対策など様々なポスターを使っての運動の推進に力強さが感じました。

 11月17日(火)あいにくの雨の中、14時より北千住駅西口ロータリーの脇(マルイとルミネの間)において駅前滞留者・帰宅困難者対策として北千住駅西口マルイ前に現地本部、千住新橋緑地の学びピア前に情報提供ステーションを設置し、火災発生状況や、道路状況等の情報を現地本部に集約、その情報集約訓練が実施されました。この訓練は私が第3回定例会の一般質問を受けて実施されたものです。「備えあれば憂いなし」の通り、「北千住駅前滞留者対策協議会」の皆様の機敏な動きに感動しました。

 11月16日(月)14時から和光市役所において事業仕分けなどに関する視察をしました。現在、国などにおいて事業仕分けが注目されていますが、同市においては10月17日〜18日に事業仕分けが行われました。45事業の内、不要が12、民間に移管が1、国や県に移管が3、改善して継続が27、現行通りが3の結果でした。この事業仕分けでの事前、事後の配慮、処置などについて貴重な経験などの話を聞きました。

 11月15日(日)9時に高尾山の紅葉見学に行きました。朝早いにもかかわらず、人々々で溢れかえっていました。さすが、ミュシュランでの3つ星効果か、すごい人気でした。そして紅葉も見事でした。

 11月14日(土)13時から区役所庁舎ホールにおいて子どもの生活習慣づくりフォーラム〜「幼児期からの生活づくり」〜の講演に出席しました。ガチャピン・ムックのオープニングセレモニーからスタートし、文部科学省からの主催者、共催者の区長挨拶、基調講演、研究成果発表など、盛り沢山の内容でした。特に千葉大学教授(明石要一氏)の子どもの頃からの「箸の持たせ方」には勉強になりました。

 11月12日(木)14時、東京区政会館において「地方分権時代における地方議会〜地方議会議員に求められる役割〜」の講演会に参加しました。講師は増田寛也氏(元総務大臣・岩手県知事)による、「地方分権の理念」「地方議会の役割」「政権交代で何が変わるか」の3点について2時間の充実した内容でした。講師曰く議会制度の5つの問題点として(1)市民が議会活動への無関心。(2)議員になるのが難しい(企業への復職など)。(3)議会と市民との繋がりが不十分(見えない):議会と市民がもっと対話すべき。(4)財政面のチェック機能が不十分(身の丈以上の支出面)(5)議員同士の議論が不十分:組長の反問権の活用などを熱く語っておられました。その後、MEGAFIGHT37として後楽園ホールで行われるボクシングの観戦に行きました。野口ジムの試合を中心にエキサイティングな試合に感動しました。

 

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
足立区 飯倉昭二
kuraa@sa.dcns.ne.jp