twitter
外部リンク
https://twitter.com/fuchigamitakas2
公明党広報
サイト管理者
足立区 渕上隆
fuchi53@gmail.com
バックナンバー 2010年 9月

昨日、区役所庁舎ホールにおいて職員研修と区民への報告会を兼ねた区民評価委員による行政評価報告会が開催されました。
区民評価委員とは、平成17年度より行政評価に対する第三者評価として区民の代表として評価をして頂いているものです。現在、学識経験者委員として東京未来大学教授の出口会長はじめ4名プラス公募委員8名の計12名の区民評価委員がおられます。

昨日の報告会では学識経験者委員3名の発表と公募委員7名の紹介と発言がありました。
皆さん同様に発言されていたのは、「足立区は財政が厳しい中で区民に対するサービスは良くやっている」とのことですが、ただせっかく素晴らしいことをしていても「区民に対する周知が不足している」とのことでした。

確かに、区民のためになる良い事業だと思っても利用者が少なかったりあんまり知られていなかったりです。広告媒体はあだち広報とHPが主ですが、もっと知ってもらう努力が必要でしょうね。
また、区民評価委員の皆さまはそれぞれがお忙しい中を足立区のために一生懸命やっていただいています。ほんとうに感謝申し上げます。これからも足立区の発展のためによろしくお願いします。

足立区第一号の大谷田にある「小規模保育室」に視察に行きました。
「小規模保育室」とは短時間パート対応の保育室です。
小さい子ども、特に乳幼児を抱えたお母さんが働きに出る場合、家庭や社会的事情を考えた場合まずは短時間パートという方が多くいらっしゃいます。
しかし、認可保育所の入所は点数制で勤務時間が短いと点数が少なく短時間パートでは認可保育所にはなかなか入所できません。また、認証保育園では最低週5日一日6時間くらいが基準で保育料は最低でも4-5万円します。これでは、短時間パートで月収が5-6万円だとしたら手元に残るのはわずかです。
そこで公明党として数年前より短時間パートに対応した保育施設を足立区に要望し続け今年初めて開設されました。大谷田の小規模保育室はURの大谷田団地の1階店舗部分にあります。運営はTKチルドレンファーム、足立区より助成金が出ています。利用料は月60時間以下では1万円、61-90時間で1万61千円等短時間パートの方に利用しやすい料金体系になっています。利用者の方にも好評で今年開設したもの定員の15名はすくに一杯になりました。
2ヵ所目は11月に竹の塚に開設予定で、本年度中に5ヵ所の目標です。
東京都の助成事業にもなり、大谷田の小規模保育室は東京都1号ですが、全国でも第1号かも知れません。

休会中ですが、8月16日(月)私の所属している総務委員会が開催されました。
遅くなりましたが報告したいと思います。

委員会の報告事項としては
(1)「わたしの便利帳2010-2012」の再発行に向けた交渉状況について
(2)あだちシティビジョンの今後の運営について
(3)足立区プロモーションDVD(自殺防止対策・ビューティフルウィンドウズ運動)の
作成について
(4)平成21年度情報公開性制度と個人情報保護制度の実施状況について
(5)足立区特定事業主行動計画(後期計画)の策定について
(6)足立区における補助金等の交付を定める要綱等に関する統一的な取扱いに係る運
用方針の制定について
(7)公有財産の活用について
(8)東京芸術センターの建物賃借料及び地代の契約改定の協議について
(9)足立区本庁舎課題検討委員会の検討状況について
(10)本庁舎前横断歩道の設置について

以上10件ですが、特に気になったのは「私の便利帳」です。これは本年度より民間を
活用し私の便利帳の発行費用を抑えようということです。しかし、集めた広告の中に
違法広告があり訂正or再発行に必要が生じたものです。
足立区としては既に再発行を決めており、再発行費用は40百万円程度かかります。
現在は弁護士等を通し相手側と交渉中ですが、区への要望としては
①なるべく迅速な解決を目指す
②再発行費用は極力抑える
③今回の教訓を生かしながら今後についても民間活用をする
上記等の要望をしました。
今年取り組んだことはつまづきはしたものの大きな前進だと思っています。最初から
全てうまくいく新規事業はなかなかありません。是非、次につなげていきたいと思い
ます。