福島県福島(ふくしま)市議選(定数35)

2019年6月23日(日)告示
2019年6月30日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
おの 京子 (おの きょうこ) 当選 5 3 3,556 公式ホームページ
丹治 まこと (たんじ まこと) 当選 4 12 2,703 公式ホームページ
ごとう 善次 (ごとう ぜんじ) 当選 4 14 2,673 公式ホームページ
高木 なおと (たかぎ なおと) 当選 1 25 2,214 -

定数35に対する当選者の党派別内訳は、公明4、国民1、共産4、社民2、無所属24(前回=公明4、民主1、共産4、社民2、無所属24)。当日有権者数は23万2149人。投票率は41.36%。

プロフィール

おの 京子
(おの きょうこ/63歳)

おの 京子

「生命と暮らしを守る女性のトップランナー」として、一人を大切に行動してきた。子育て支援ガイドブックの配布や、幼稚園と小中学校での「子どもへの暴力防止プログラム」導入を推進。75歳以上の高齢者の路線バス運賃無料化も実現した。「人と地域を生かす社会の構築に全力で働く」と意気軒昂だ。 【略歴】党県女性局長。市議4期。福島女子短期大学卒。63歳。

丹治 まこと
(たんじ まこと/52歳)

丹治 まこと

一人に徹して寄り添い続け、現場の声をカタチにする実現力が光る。子育て相談センターの開設や子どもLINE相談のサービス開始のほか、母子健康手帳アプリ運用の今夏スタートに尽力。観光コンベンション協会の設立にも貢献した。誰もが希望を持てる街へ、より心のこもった市政をめざす。 【略歴】党県青年局次長。市議3期。創価大学卒。52歳。

ごとう 善次
(ごとう ぜんじ/58歳)

ごとう 善次

災害から市民の命と財産を守る防災・減災のエキスパート。超高齢化を見据えた防災対策と避難計画策定をリードした。東京五輪の野球・ソフトボールが行われる福島市で、子どもの国際交流やボランティア体制構築にも尽力。安全・安心の街づくりに全力投球する。 【略歴】党支部長。市議会議会運営委員長。市議3期。都立北豊島工業高校卒。一級建築士。防災士。58歳。

高木 なおと
(たかぎ なおと/51歳)

高木 なおと

家業である看板制作会社で故郷・福島の発展や東日本大震災からの復興に寄与。震災発生当初には、「体育館の床で生活する避難者が寒い思いをしないように」と考え、自社で所有する発泡パネルを無償提供した。昨年に第一子が誕生し、子育て奮闘中。「笑顔かがやく福島」を掲げ、即戦力になると誓う。 【略歴】党県青年局次長。福島東高校卒、創価大学卒。51歳。