公明党 | 参院選2016 特設サイト公明党 | 参院選2016 特設サイト

  • Twitter
  • Facebook
  • YouTube
  • Instagram

公明党の実績 高齢医療費公明党の実績 高齢医療費

高齢医療費制度の拡充

4060万人が負担軽減の対象

病気やけがで医療費が高額になっても、一定の金額を超えた分を負担しなくて済む「高額療養費制度」。もし、がんの手術などで医療費が月100万円掛かっても、70歳未満で住民税が掛からない方であれば、自己負担は本来の30万円(3割負担)から約26万円減の3万5400円まで下がります。制度を利用した人からは「安心して治療を受けられた」などの声が寄せられています。
その上で2015年からは、70歳未満で年収約370万円まで(住民税非課税の方を除く)の自己負担の限度額が、月約8万円から月5万7600円に引き下げられました【図参照】。「年収の割に負担が重い」という中低所得者の声を代弁し、公明党が実現したものです。負担軽減の対象者は約4060万人に上ります。

患者の立て替え払いも不要に

公明党は、限度額を超えた分を患者がいったん病院の窓口で立て替えていた仕組みも改善。今では事前の手続きにより、窓口で限度額のみ支払えば済むようになっています(住民税非課税世帯などを除く70歳以上は手続きの必要なし)。